ブログの始め方

WordPressで外部リンクをnofollowにするプラグインExternal Linksの設定方法

ブログを運営する際には、
外部リンクの扱いにも気を配っておきたいものです。

外部リンクの設定を何もしていないと、
自分のサイトパワーが外部に流れるなんてこともあります。

WordPressのプラグイン「External Links」は、
外部リンクの扱いに関わる便利な機能がついているプラグインです。

自分のサイトパワーが外部に流れないようにしたり、
外部リンクを開くときに自動で別窓で開くようにできたり、
リンクがついている文字列にアイコンをつけることができます。

External Linksで外部リンクサイトの設定を整えて、
SEO対策をしていきましょう。

サイトに外部リンクを貼るとどうなる?

まずは、
自分のサイトに外部リンクを貼るとどうなるのか
について解説させていただきます。

ブログ記事を書く時は、
参考のURLなど外部リンクを貼る機会は多いと思います。

サイトを訪れたユーザーのためにもなりますし、
外部リンクを貼ること自体は良いことです。

ですが、この「リンクを貼る」という行為は
あなたのサイトのSEOの力を弱めている可能性もあります…!

外部リンクを貼ると、
リンク先のサイトに被リンクという形で
あなたのページの評価を与えることになります。

nofollow説明,写真

上の図のように、
あなたのページの評価を与えることで
リンク先のページはSEOの評価が上がります

それだけならまだしも、
その分あなたのページのSEO評価が下がってしまいます

大事なポイントは、このSEO評価が「受け渡し式」だということ。

自分のサイトのSEOを守るためにも、
受け渡しをしない設定をしておく必要があるんですね。

WP External Linksで出来ること

自分のサイトにExternal Linksを使うとどんな効果があるのか?

簡単に2つの役割を解説していきます。

nofollowが自動で記述される

「nofollow」とは、
上で解説したSEOの受け渡しをしない設定のことです。

no followを正しく使えばあなたのサイトから外部サイトへと
SEOパワーが流れることを防ぐことができます。

他のウェブサイトにSEOを流出させないことで、
結果としてSEO対策につながります。

プラグインを使わないでこれをやろうとすると、
毎回外部リンクを貼る度にHTMLコードを書き足さなければいけません。

毎回毎回コードを書き換えるなんて…非常に面倒な作業です。

このプラグインを設定すれば、外部リンクを貼るときに
自動でnofollowタグを生成してくれるのでとっても便利ですね。

target blankが自動で記述される

「target blank」とは、
外部リンクを開くときに新しいタブでURLを開く設定のことです。

SEOを強くするためには、
ユーザーに自分のサイト内に長くいてもらう必要があります。

具体的に言えば…

  1. サイト内に滞在している平均時間を増やす
  2. 1ページを見てすぐに帰ってしまう人の割合(直帰率)を減らす

このように、ユーザーに長時間滞在してもらうようにします。

もし自分のサイトから外部リンクを開くときに
上書き形式でページを開かれると…
自分サイトから帰ってしまったとみなされて、
滞在時間は減り、直帰率が上がります。

外部リンクを新しいタブで開いてもらうには、
「target blank」の設定が必要です。

こちらもプラグインなしでやろうとすると、
毎回外部リンクを貼る度にHTMLコードを書き足さなければいけません。

簡単な設定ですので、
滞在時間を上げて直帰率を下げる対策をしておきましょう。

External Linksをインストール&有効化しよう

それでは、External Linksの設定の解説に入っていきます。

まずはインストール&有効化しましょう。

ダッシュボードのプラグイン>新規追加から
「WP External Links」を検索しインストール&有効化してください。

External Linksの画像

External Linksの設定方法

有効化ができるとダッシュボードの下の方に
「External Links」が追加されています。

※「外部リンク」という表示の場合もあり

これをクリックして設定画面に移りしょう。

ExternalLinks,写真

ここで設定が出来るのは以下の5つです。
(英語の場合と日本語の場合があります)

External Linksの設定画像
  1. 外部リンク(External Links)
  2. 内部リンク(Internal Links)
  3. 除外リンク(Excluded Links)
  4. 例外(Exceptions)
  5. 管理者機能(Admin Settings)

それでは、
この5つの設定を順番に説明していきます。

外部リンク(External Links)

外部リンク(External Links)の項目で設定できるのはこの2つです。

  1. 外部リンクを新しいタブで開くようにすること
  2. nofollowタグをつけて外部リンクにSEOが流れないようにすること

「External Links」のタブを選択したら、
必要箇所の設定をしていきましょう。

項目が多いので前半と後半に分けて解説していきます。
まずは上部の前半部分から。

External Linksの外部リンク設定(日本語)画像
  1. 外部リンク設定(Settings for external links)
    設定を適用にチェック
    →チェックを入れると設定ができるようになる
  2. 外部リンクを開く(Open external links)
    それぞれ別の新しいウインドウまたはタブを選択
    (each in a separate new window or tab)
    →外部リンクが新しいタブで開かれる
  3. 既存の値を上書きします(Overwrite existing values.)
    任意でチェック
  4. followまたはnofollowを設定(Set follow or nofollow)
    nofollowを選択
    →外部リンクにnofollowタグを自動生成する
  5. 既存の値を上書きします(Overwrite existing values.)
    任意でチェック
  6. rel属性の追加(Also add to rel attribute)
    任意でチェック
    →WordPressは「noopener」を推奨している

①、②、④は確実に設定をしましょう。
それ以外は任意でOKです。

⑥はWordPressだけでなくGoogleも「noopener」を推奨しています。

レポートを確認して、Lighthouse で特定された各リンクにrel=”noopener”を追加します。 一般的に、外部リンクを新しいウィンドウまたはタブで開く場合は、必ずrel=”noopener”を追加してください。

(引用:サイトで rel=”noopener” を使用して外部アンカーを開く

ですので「noopener」にはチェックを入れておきましょう。

続いては後半部分です。
後半は基本的に任意項目です。

External Linksの外部リンク設定(日本語)画像
  1. タイトルを設定(Set title)
    変更なし
  2. CSSクラスを追加(Add CSS class(es))
    変更なし
  3. アイコンの種類を選択(Choose icon type)
    アイコンのタイプを選択(アイコンなしでもOK)
  4. アイコンを選択(Choose FA icon)
    任意でアイコンを選択
  5. アイコンの位置(Icon position)
    右側推奨
  6. <img>でアイコンをスキップ(Skip icon with)
    任意でチェック
    →画像にはアイコンが表示されないようになる

例えば、
③画像⑤好きなアイコン⑥右側を選択すると…

アイコン,写真

こんな感じで外部リンクのの横にアイコンが表示されます。

お好みのアイコンを設定してみてください。

任意項目も含めて入力が終わったら
「変更を保存」をクリックしましょう。

内部リンク(Internal Links)

内部リンク(Internal Links)の項目で設定できるのはこの2つです。

  1. 内部リンクは別タグでは開かない
  2. 内部リンクにnofollowタグはつけない

外部リンクだけではなく
自分のサイトのリンクにnofollowタグをつけてしまうと、
「自分で自分のサイトのことを評価しない」
という状態になってしまいます😢

ですので、
内部リンク(自分のサイト)にnofollowタグをつけない
という設定にする必要があります。

設定は基本的にはデフォルトのままでOKですが、
画像と違う部分があったら変更をしておきましょう。

External Linksの内部リンク設定(日本語)画像
  1. 内部リンク設定(Settings for internal links)
    設定を適用にチェック
    →チェックを入れると設定ができるようになる
  2. 内部リンクを開く(Open internal links)
    変更しない(keep as is)
    →内部リンクは同じタブで開かれる
  3. 既存の値を上書きします(Overwrite existing values.)
    チェックなし
  4. followまたはnofollowを設定(Set follow or nofollow)
    変更しない(keep as is)
    →内部リンクにはnofollowタグは生成しない
  5. 既存の値を上書きします(Overwrite existing values.)
    チェックなし
  6. rel属性の追加(Also add to rel attribute)
    デフォルトのまま

これより下は先ほどと同じでアイコンなどを選択できます。
変更をした場合は「変更を保存」をクリックしましょう。

Juri
Juri
内部リンクにアイコンがつくのはちょっと鬱陶しいので…アイコンなしを推奨します!

除外リンク(Exclude Links)と例外(Exceptions)

除外リンク(Exclude Links)と例外(Exceptions)の項目で
設定できるのは、特定のリンク先の個別設定です。

SNSリンクなどに
アイコンが表示されてしまう場合などに使ったりします。

まずは「例外(Exceptions)」のタブを開き、
「外部リンクから除外する URL(Exclude external links by URL)」
という項目に個別に設定したいURLを入力します。

External Linksの例外設定(日本語)画像

URLが複数ある場合はカンマで区切ってください。
入力が終わったら「変更を保存」をクリック。

続いて除外リンク(Exclude Links)タブに切り替えて、
例外タブで指定したURLについて、
外部リンクや内部リンクの時と同じように設定をしていきます。

External Linksの除外リンク設定(日本語)画像

タブを別窓で開く・開かない設定、
アイコンの表示設定などを行い「変更を保存」をクリック。

ここで設定したものが個別のリンクに反映することとなります。

管理者機能(Admin Settings)

管理者機能(Adimin Settings)で設定できるのは、
ダッシュボードの表示の仕方です。

こちらはデフォルトのままでOKです。

External Linksの管理者機能設定(日本語)画像

チェックを外すと
Wordpressの左側のメニューからExternal Linksが消えるので、
そのままにしておきましょう。

設定は以上です!

External Linksの設定まとめ

今回外部リンクの解説した設定は、
サイトのSEOを強くする上でかなり大事です。

今は仕組みがよく分からなくても、
知識が深まれば理解できるようになりますので、
今は解説の通り確実に設定をしていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE