各種ツールの使い方

【コピペ防止プラグイン】WP-CopyProtectの代替はWP Content Copy Protection!設定方法を解説

ブログを運営する際には、
他者から記事をコピペされることを防ぐ対策が必要です。

記事のコピペ防止は
プラグインを使えば簡単に設定できますので、
自分の身を守るためにも確実に設置しておきたいですね。

使用するプラグインは、一般的には
「WP-CopyProtect」が主流ですが、
更新日の古さなどから今後不具合が起きることが予想されています。

そこで今回は代替として、
「WP Content Copy Protection」というプラグインを紹介させていただきます。

コピペ防止プラグインのオススメは?

まずは、ブログを運営する上での
コピペ対策の必要性やコピペ防止のプラグインについて解説をしていきます。

Juri
Juri
「その解説はいいからプラグインの設置方法を知りたい!」
という方はこちらから解説部分に飛んでください。

コピペ防止プラグインの必要性

ブログを運営する上で
他人の記事をパクることは御法度です。

ですが残念なことに、
他者のブログ記事をコピペして記事作成をする人が
一定数存在することは紛れも無い事実です。

私も実際に、トレンドブログを運営していて
あるサイトにタイトルや記事内容をパクられまくった経験があります。

そのサイトは今はほとんど上位で見かけなくなりましたが、
当時はパクリサイトなのになぜかサイトパワーが強くて、
パクリ記事で私のサイトよりも上位にいるなんて
許せないことも起こっていました。

また、コピペをされるのは嫌な気持ちになるだけではありません。

Googleが低品質なコンテンツとみなすものの一つに、
「重複コンテンツ」というものがあります。

一般に、重複するコンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのブロックを指します。

多くの場合、偽装を意図したものではありません。

(引用:重複コンテンツ

Googleは、検索者に向けて
多様な情報を提供させる方針があるため
同じようなコンテンツは同居させません。

重複コンテンツと判断したコンテンツは
検索結果に表示させないような対策をしています。

つまり、自分の記事がパクられると
自分の記事が検索結果から飛ばされてしまう可能性があるのです。

そして、一番怖いのは
自分のコンテンツがペナルティ対象になってしまうことです。

Google公式サイトが開示しているペナルティの対象には
「無断複製されたコンテンツ」というものがあります。

無断複製されたコンテンツの例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
  • 何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
  • ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

(引用:無断複製されたコンテンツ

パッと見ただけでは、どちらがパクリ記事なのかは判断できません。

ですから、パクられた自分がパクった側と見なされてしまう可能性もあるのです。

これらのリスクを回避するために、
日頃からコピペ防止の対策をすることが大事なんです。

コピペ防止プラグインのデメリット

コピペ防止プラグインを導入することについては、
ユーザー目線になるとひとつだけデメリットがあります。

自分が読者側の時、
記事の中に知らない言葉や詳しく知りたいことがあった時に
本文をコピペして別窓で検索したことはありませんか?

私は結構あります。
(英単語の意味とか読み方が分からない漢字とか)

そういった時にコピペができない記事だと、
「不便だな」と感じてしまうかもしれません。

コピペを防ぐこととユーザーの利便性、
比較してプラグインを導入するかを決められると良いですね。

個人的な意見としては、
トレンドブログの場合は
難しい言葉を使うことはほとんどないかと思います。

それよりもコピペされる危険性の方が高いので、
トレンドブログはコピペ対策をすることを推奨します。

一般的にはWP-CopyProtectが主流

コピペ防止のプラグインは、
WP-CopyProtectが最もメジャーです。

コピペ防止プラグインWP-CopyProtect画像

コピペ防止といったらこれ、といった感じです。

ですが、画像を見るとわかる通りもう5年以上更新がされていません。

バージョンが古いプラグインを使用し続けると、
WordPressやテーマとの互換性がなくなってエラーが出たり
マルウェア感染の可能性が高くなります。

現状で不具合などは確認されていませんが、
何かが起きてからでは遅いです。

早い段階から代替を見つけておきたいところですね。

代替にWP Content Copy Protectionを推奨する理由

私は、コピペ防止プラグインには
WP Content Copy Protectionをおすすめしています。

理由としては、

作成者が個人ではない(Tyche Softwaresという会社が運営)
最新のWordPressバージョン(5.3.2)に対応している
自分が使用しているテーマ(JIN)と互換性あり
ちゃんと更新されている
今の所不具合なし

ということが挙げられます。

WP Content Copy Protectionの設定方法

それでは、
WP Content Copy Protectionの設定方法を解説していきます・

インストール&有効化しよう

まずは、プラグインをインストール&有効化しましょう。

ダッシュボードのプラグイン>新規追加から
「WP Content Copy Protection」を検索しインストール&有効化してください。

WP Content Copy Protectionの設定画像,コピペ防止プラグイン
プラグイン,画像
WordPressでプラグインをインストールする2つの方法と注意点を解説!WordPressを立ち上げたら、 必要なプラグインのインストールをしていきます。 今回はプラグインとは何なのか?という解説から...

設定

有効化ができたらダッシュボードの「設定」の中に
「WP Content Copy Protection」が追加されているので
クリックして設定画面へ移りましょう。

WP Content Copy Protectionの設定画像,コピペ防止プラグイン
  • Message:コピー動作or右クリックアクションで表示させたいメッセージ
  • On Page(s):コピペ禁止設定を無効にする固定ページ
  • On Post(s):コピペ禁止設定を無効にする投稿
  • On Categories:コピペ禁止設定を無効にする投稿
  • For Registered User:登録ユーザーのコピペ禁止設定を無効にする投稿
  • For Admin User:ログイン管理者の登録ユーザーのコピペ禁止設定を無効にする投稿
  • On Paste:ショートカットを使用してデータを貼り付け(コピーしたデータを入力フィールドに貼り付ける)

「More Settings」の項目は有料版なので設定不要です。

私の場合は、MessageとFor Admin Userのチェックのみ設定しました。

設定が終わったら「変更を保存」をクリックで終了です。

WordPress,一般設定,写真

コピペ防止プラグイン解説まとめ

WordPressのコピー防止プラグインの必要性や、
「WP Content Copy Protection」の設定を解説させていただきました。

古いプラグインでも設定はできますが、
なるべく更新頻度の高い安全なプラグインを使うようにしていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE