職場の悩み

接客の会話のタブー「政宗の皿」とは?接客業でNGの話題を紹介します。

こんにちは!

今回は、前回に引き続き接客業に使える会話のネタのお話です。

前回は接客業や初対面の人との会話に使える「きどにたてかけし衣食住」を紹介させていただきました。

参考記事:お客さんとの会話のネタがない!話題に困った時に使える「きどにたてかけし衣食住」とは?

会話のネタに使えるトピックはたくさんありますが、逆にタブーの話題があるのはご存知でしょうか?

接客業や初対面の人との会話の中では、避けた方がいい話題というものが存在します。

ここでは接客でタブーとされている「政宗の皿」について解説させていただきます。

ビジネスの場での三大タブー「政宗の皿

接客や、初対面の相手との会話ではタブーな話題というものが存在します。

まだそこまで親しくない間柄では、踏み込んだ話題というのは自然に避けていると思います。

しかしながら、タブーな話題を知らないと良かれと思って話した話題でお客さんの機嫌を損ねてしまうかもしれません。

そんなことを防ぐために覚えていて欲しいのが政宗の皿」

政宗の皿は、政治、宗教、野球、
サラリー(給料)
の頭文字をとったものです。

趣味に偏りがあったり、議論になりやすい話題、イデオロギーに関わる問題などは避けるべきと言われています。

それでは、接客の会話の三大タブー「政宗の皿」について解説させていただきます。

政=政治

政治,画像

政治は支持する政党や政策などが人によって大きく異なります。

政権批判やどこかの政党を支持する発言は、あえて口にする必要もないでしょう。

下手に興味を示せば、選挙のたびに「次の選挙は〇〇党に入れてね!」とひつこく言われてしまうかもしれません。

面倒なことを避けるためにも、政治の話題は避けることをオススメします。

宗=宗教

宗教,画像

宗教は日本ではあまり浸透していませんが、デリケートな話題です。

軽はずみに入り込む問題でもないですし、こちらも政治同様下手に興味を示せばその宗教に勧誘されてしまう可能性もあります

後々のトラブルなどを考えても、宗教の話題は避けた方が良いでしょう。

野球

野球,画像

一昔前は野球はNGな話題とされていました。

巨人ファンと阪神ファンが対立したりと、お父さん世代は野球の応援する球団で喧嘩になったりすることもあったそうです。

熱狂的なファンも多いのであまり決めつけで話したりするのはよくないですね。

ただ、最近はそこまでNGな話題でもなくなってきていると感じます

日本シリーズの結果だったり甲子園の話題なんかは逆に盛り上がってアリなんじゃないかと思います^^

皿=サラリー(給料)

サラリー,画像

さすがに給料をいきなり聞くなんて失礼な人はいないと思いますが…(笑)

相手の給料を聞くのはもちろん、自分の給料をむやみに公開するのも良くない傾向にあります。

稀に給料の話が好きな人もいますが、うまくかわすのが無難です^^;

NGは相手によって見極めよう

接客の会話でのタブーを紹介させていただきましたが、NGな話題は相手によって見極めるのが一番です。

「政宗の皿」は、あくまで初対面だったり面識がない人と何を話していいか分からない時に避けた方がいい会話ネタとして参考にしていただければと思います。

一番は積極的に相手のことを知り、コミュニケーションを重ねて信頼関係を深めていくことです。

野球の話が好きな人もいれば、サッカーの話題が苦手な人だっています。

相手の反応を見ながら苦手そうな話題は避けていけばいいですし、相手に不快だと言われたならば誠意を持って謝罪すればいいだけです。

信頼している相手ならば、苦手な話題を話されてもわざとじゃないと理解できますし、一発で嫌いになることもないですよね?

誠意を持って話していれば、しっかりと相手に伝わります。

気にしすぎて会話がなくなってしまう方が残念です^^;

最低限のマナーを守りながら、お客さんとも積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

Communication,画像

まとめ

今回は、接客での会話のタブー「政宗の皿」について解説させていただきました。

政治、宗教、野球、サラリー、とNGと言われている話題は存在しますが、相手によって見極めるのが一番です。

あなたが誠意を持って対応していれば、多少の間違いは許されるはず。

ぜひ積極的にお客さんと会話をして信頼関係を深めていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE