SiteTreeの設定方法

ブログ運営にはサイトマップが必要です。

サイトマップにはいくつか種類があり、
その目的に応じてプラグインを使って実装する必要があります。

ここでは、
サイトマップがそもそもどういったものなのかの基礎知識と、
プラグインを使った設置方法について解説していきます。

サイトマップとは?

ブログなどのウェブサイトを運営する際には、
3種類の目次を設置すべきと言われています。

それは読みやすい構造にして読者の満足度を上げるだけではなく、
Googleのクローラー向けのSEO対策として設置するものも存在します。

記事を読んでくれる読者からも、
サイトの評価を決めるGoogleからも好かれるようなサイトを
作るには目的別に目次を作る必要があるのです。

3種類の目次の内訳は以下の通りです。

  1. サイト訪問者用HTMLサイトマップ
  2. クローラー用XMLサイトマップ
  3. 読者用記事内サイトマップ(目次)

今回は①と②を設置していきます。

それぞれをもう少し詳しく解説していきますね。

①サイト訪問者用HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、
サイト訪問者用にサイトの全容を伝えるためのものです。

私のサイトでは、
トップページのグローバルメニューの中に表示させています。

サイトマップの画像

これをクリックすると…
サイト内にある全ての記事が表示されます。

これがHTMLサイトマップです。

サイトの使用性やSEO対策の要素として、
「トップページから2クリック以内で
どのページにもアクセスできるようなサイト構造にする必要がある」
と言われています。

「2クリックで!?」と難しく思えるかもしれませんが、
このサイトマップがあればどの記事にも2クリックで辿り着けますね。

②クローラー用XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、
検索エンジンのクローラーに向けて、
クロールして欲しいURLを伝えるために
URLリストをXMLファイルとして作成したものです。

人間の訪問者用の物とは目的が異なります。

プラグインを使ってSearchConsoleにサイトマップを登録しておくと
Googleの検索エンジンがサイトマップを利用するようになり、
クローラビリティが改善されるため、
サイト運営をするには必須となります。

③読者用記事内サイトマップ(目次)

記事内の目次は、
実際に投稿する記事の中に設置するもののことです。

見出しの部分はリンクになっており、
クリックすることで読みたいところにジャンプできます。

記事の内容を一目で把握する事ができるため、ユーザーの利便性が高くなります。

SiteTreeを使ったHTMLサイトマップ設置方法

では、SiteTreeを使ってサイトマップを設置していきましょう。

HTMLサイトマップの作成については、
プラグインをインストールする前に
固定ページでサイトマップ用のページを作成します。

1.固定ページでサイトマップ用ページを作成

WordPressダッシュボードの左メニューの
「固定ページ」の「新規追加」をクリックしてください。

固定ページ作成画面が展開されますので、
タイトル、パーマリンクを設定していきましょう。

クラシックエディタだとこんな感じ、

ブロックエディタだとこんな感じとなります。

  1. 固定ページタイトル:サイトマップ、Sitemap等
  2. パーマリンク:sitemap等

本文は空欄のまま「公開」をクリックしましょう。

ここまでできたらプラグインのインストールに進んでください。

2.SiteTreeの設定

まずはプラグインをインストール&有効化しましょう。

インストールと有効化ができたら、
WordPressダッシュボードの左メニューに
「SiteTree」が追加されているので選択します。

※設定画面へはプラグイン>インストール済みプラグインから
「SiteTree」を探して「Dashboard」を押しても同じように設定画面が開きます。

「SiteTree」の項目の設定をしていきます。

  1. In which page do you want to show your Site Tree?:サイトマップの出力ページ
  2. What content types do you want to include?:どのページをサイトマップに含めるか

サイトマップ用のページは、
先ほど作成した固定ページを選びます。

サイトマップに含めるページは
Posts(投稿)さえチェックが入っていればOKです。
Pages(固定ページ)は入れても入れなくても良いです。

設定ができたら「Activate」をクリックしましょう。

これで、
先ほど設定した固定ページにサイトマップの設定が反映され、
記事を投稿すると自動的にサイトマップに表示されるようになります。

あとはこのページを
グローバルメニューなどに設置していきましょう。

3.SiteTreeの見方

HTMLサイトマップの設置が澄んだら
SiteTreeの項目のビジュアルが少し変わります。

それぞれの項目についても軽く触れておきますね。

  1. Deactive:サイトマップを非アクティブにする
  2. View:サイトマップページを表示する(プレビュー)
  3. Configure:サイトマップの設定
  4. Settings:サイトマップの詳細設定

③の設定については、
先ほど設定した出力先と投稿タイプの変更ができます。

④の詳細設定については設定しなくてもOKですが、
リストのタイトルやカテゴリーごとの表示を設定することも可能です。

目的に応じて使っていきましょう。

例えば「Settings」を選んで
Postsの項目の「Hyper-list tiile」と「Group by」をこのように設定すると、

サイトマップの表示はこのように変わります。

この他には投稿の並び順や公開日の表示など細かい設定が可能です。
必須ではないので、スルーでもOKです。

SiteTreeを使ったXMLサイトマップ設置方法

続いて、XMLサイトマップの設定をしていきます。

XMLサイトマップは
サーチコンソールと連携して行っていきます。

1.SiteTreeの設定

まずはSiteTreeのダッシュボードから
「Google Sitemap」の項目を設定していきます。

  1. Filename(without extension):ファイル名
  2. What content types do you want to include?:どのページをサイトマップに含めるか

②はPostsにチェックが入っていればOKです。

設定ができたら「Activate」をクリックしましょう。

設定後の画面の見方はXMLサイトマップと同じです。

  1. Deactive:サイトマップを非アクティブにする
  2. View:サイトマップページを表示する(プレビュー)
  3. Configure:サイトマップの設定

2.SearchConsoleの設定

次はSearchConsoleルの設定です。

SearchConsoleにログインをしたら「サイトマップ」を選択します。

「新しいサイトマップの追加」の項目に
自分のサイトのURLが表示されていると思いますので、
「sitemap.xml」と入力して「送信」をクリックします。

URLを入力した項目をスクロールすると、
「送信されたサイトマップ」という項目があります。

ここに読み込み日時などとともに「成功しました」と表示がされると思います。

これでXMLサイトマップの設定は完了です。

時間が経ってもステータスが変わっていない場合は、
URLが正しく入力されているかなどもう一度確認してみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE
 

ブログで収入源を作る!初心者のための無料メルマガ講座
登録はコチラ
ブログで収入源を作る!初心者のための無料メルマガ講座
登録はコチラ