PROFILE

PROFILE,画像

はじめまして!Juriと申します。

私は神奈川県の湘南という地域で、パソコン1台でブログ運営やコンサルティングをしながら暮らしています。

私のこれまでの人生や、ビジネスと出会った時のことを知っていただければと思いこのページを作成しました。

まずは簡単に自己紹介させてください!

Juri
Juri
  • 1992年生まれ
  • 既婚
  • 生まれも育ちも湘南・茅ヶ崎!
  • 好きなもの:海、夏、音楽、野球、ネットサーフィン、ミスチル
  • 夫と過ごす時間が一番好き

小中学校ではソフトボールに打ち込んでいたので、そこそこの体育会系です。

小さい頃は器用貧乏タイプで褒められて育ち、運動と勉強は常に平均以上の人間でした。

努力しないでも割となんでもできるタイプだったので次第に努力の仕方を忘れ、高校の頃から”努力してる風”が得意の真面目系クズとなりました(笑)

目標もなく、やりたいこともなく、なんとなく高卒で銀行に就職。

そこに待っていたのは…

文句だらけの銀行員時代

私は「銀行員をやりたい!」と思って就職したわけではありません。

就職指導の先生にすすめられたから、ただなんとな〜く受けただけです。

やりたいことが何もないのに大学へ行く意味も感じられず…というか実家が金銭的に厳しかったので大学という選択肢はありませんでした。

とりあえず就職できればなんでもよかったのです。

それでも高校生ながらに銀行員と聞いて「安定してそう」と思っていましたし、家族や周りの大人も褒めてくれたので悪い気はしていませんでした。

また、小・中学校では体育会系の部活で多少は揉まれていたので、ちょっとやそっとじゃ心が折れない自信もありました。

そんな自信と社会人への期待を胸にいざ入社してみると…そこには自分の想像からはるかにかけ離れた空間が待っていたのです。

  • お局様が君臨する女性社会
  • パワハラ全開の上司
  • ノルマ重視の推進
  • 胃が痛くなる監査の連続

などなど…大人の悪いところを凝縮したような人たちばかりで、あまりにも居心地の悪い職場でした。

特に女性の面倒な人間関係はこれまでに経験してきたものとは違い、大人のドロドロした空気に気を使いすぎてストレスで体調を崩しまくり。

また注意力散漫で忘れっぽい性格のため、1つのミスの許されない銀行の業務では神経をすり減らすばかりでした。

毎日家に帰っては夫に上司や先輩や後輩の愚痴を言ったり八つ当たり。

あの頃は家でため息ばかりで、夫を支えるどころか逆にストレスを当てるという本当にダメな妻でした。

日に日に「この仕事は自分に合わない」という思いは強くなっていましたが、
実際行動には起こせないまま自宅と職場の往復を6年間続けました。

このまま何十年もこの日々が続くのかと思いましたが…
7年目の夏、再就職のアテもないまま退職しちゃいました。

業務量や人間関係が限界に達し、勢いで辞めてしまいました。

6年間も働いていると中堅の域に片足を突っ込んでいたので、

「辞めると上司に言ったら止められるだろうから言い訳考えなきゃな〜」なんて思っていましたが…
そこまで引き止められることもなく、退職願はアッサリと受け入れられたのです。

引き止められても辞める意思には変わりはないのですが、

  • いくらでも自分の替えがいること
  • 自分が思っているほど会社に必要とされていなかったこと

この2つを最後の最後に痛いほど思い知らされました。

こうして、25歳で再就職活動がスタートすることとなったのです。

ブログとの出会い

再就職のアテもなく退職してしまった私は、とにかく様々な職種を探しましたが

  1. 高卒
  2. 女性
  3. 大した資格、なし!

という三重苦での職探しにとにかく苦戦していました。

残業がめちゃくちゃあるかもしれない…
人間関係がドロドロかも…
なんて疑い始めたらキリがありません。。

いくら疑っても、実際入社してみないと分からない。

「就職って運ゲーかよ…!」

再就職への絶望と再就職先のアテがない不安に挟まれて、どうにかなってしまいそうでした。

何かが変わると思って仕事を辞めたけど、結局同じことの繰り返しになりそうになったのです。

「また仕事でストレスを溜めて夫に迷惑をかけるようなことはしたくない」
「でもとりあえず働かないとお金なくなるし急がないと…」

そんなことを思って悩んでいたある日、夕食を食べていた時に夫からある一言が投げかけられました。

「ブログやってみれば?」

収入の仕組みなどは全く理解していなかったので、
まずは知ることから始めました。

すると、
「なんかできそう」という気持ちが少しずつ湧いて出てきて
一歩踏み出す気持ちになりました。

「とりあえずやってみよう」

ふと、そんな言葉が頭に浮かんできました。

やりたいこともなく、フラフラとのらりくらりで流されてきた人生。
たまにはちょっとくらい知らないことに手を伸ばしてみよう。

「絶対これをやりたい!」とかじゃなく。なんとなく、ゆるっと。

実にゆとりど真ん中の私らしくブログをスタートさせました(笑)

とはいえ、家族がいて生活もあるので、夫と話し合ってルールを決めました。

「3ヶ月で10万円稼げなければ、ブログは辞めて再就職する」

ちょっと厳しいような気もしましたが、あくまで”これも就職”と考えてダラダラしないために縛りを作ったのです。

再就職が怖かった私は「とりあえず3ヶ月全力で頑張る」と心に決めました。

メンターとの出会い、そして

私がブログをやると決めると、夫がある起業家の女性を見つけてきてくれました。

その方はゼロからブログで収入を得る方法を熟知していて、初心者向けに指導をするエキスパートでした。

ブログを始めると言っても、何から手をつけていいか全く分からなかった私。

先生が必要なのは言うまでもありません。

そこで、その起業家の女性に私のメンター(指導者)になってもらい、コンサルティングを受けることにしました。

最初はブログの立ち上げや慣れない記事作成作業に時間がかかりましたが、メンターが丁寧に教えてくれるので一人で頭がパンクすることもなく進めることが出来ました。

開始直後は収益も伸び悩み、先が見えない不安に押しつぶされそうになったこともあります。

毎日期限の3ヶ月まであと何日か逆算して震えていました(笑)

私はもともと器用貧乏なタイプではありましたが、ブログの方は全くセンスがなかったらしく…最初の1ヶ月はブログのアクセスも全然伸びていきませんでした。

それでもメンターからは、
「成果が出てきましたね」
「更新頑張りましたね」
などと声をかけていただいていました。

大人になってはこんな風に誰かから応援や励ましをもらうことがなかったため、こういった言葉は想像以上に自分の中に染み込み、力となっていきました。

必死に食らいついて前を向き、ひたすらブログを書き続ける毎日。

すると、1ヶ月、1ヶ月半と時間が経つにつれて不思議なことに収益が伸びていったのです。

まだまだ手探り状態ではありましたが収益が上がってくると「私、できるじゃん!」と少しずつ自信がついてきました。

単純な性格なので、自信がつくとブログを書く手もどんどん進んでいきました。

自信がついて手が動く▶︎▶︎記事数がどんどん増える▶︎▶︎収益が増える

といったサイクルで、じわじわと収益が上がっていきました。

気がつけばブログ開設から2ヶ月。

なんと、当初の目標であった月収10万円を達成することが出来ました!

本当に嬉しくて嬉しくて…夫と何度も乾杯しました。

何かに打ち込んで結果を出したのは学生の時以来の感覚で、久しぶりに胸が熱くなり、
と同時に「再就職をしなくていいんだ」とホッとしたを覚えています。

その後は波に乗り始めて、3ヶ月目には月収20万円を達成しました。

https://ucdnote.com/jissen20man/

この頃からブログ作成にも少しずつ手応えを感じるようになりました。

私の心境が変わり始めたのもこの頃。

なんとなく始めたブログでしたが、
「この仕事は自分でもできることなんじゃないか」って思えてきたのです。

これまで私は、やりたいこともなく生きてきました。

というよりか、学力もスキルもないから「どうせ私には何も出来ない」と思って卑屈になっていました。

日本中どこを探しても、自分に合う仕事なんてないと思っていたのです。

でも、いまブログで稼げている…これって私に合っているのかも?

段々とそんな気がしてきました。

  • 苦手な早起きもない
  • 人の顔色を伺わない
  • 家でシゴトができる
  • 休憩も休日も自分の思い通り

好きな時間に、好きなだけ働けて、今までの仕事の何倍も自由で心にゆとりを持って働けていることに気がつきました。

また、ブログで得たスキルを様々なビジネスへ展開していけることも知り、
「もっと学びたい!成長したい!」という気持ちが芽生えていきました。

そうなると作業への熱量も上がっていくものです。

実践6ヶ月目には月収50万円、9ヶ月目には月収80万円を達成!

そして、ブログで収入を得る方法を教えるコンサルタントとしての活動も始め、2019年1月には月収100万円を達成しました。

高卒の女性が普通に会社員をしていても絶対にもらえない給料を、自宅にいながら自分の手で生み出す事が出来たのです。

信じられない金額に何度も報酬画面を確認し、何度も夫と乾杯をしました。

私は元々特にパソコンの知識もなく初心者の状態からブログを始めた。

そして、まさにこのサイト名であるゼロからスキルを身につけてきたのです。

今では好きな時に出かけて、好きな時に仕事して働き方を自分でカスタマイズしています。

PC1台で仕事ができるので、自宅や近所のカフェなど作業する場所も自由自在です。

銀行員時代は休日も土日やお盆など、どこも混んでいる時期にしか出かけられませんでしたが、今では時期を選ばず好きな時に遊びに行けています。

人間関係や異動の心配もなく、まさにストレスフリーです。

精神面に余裕ができたお陰で、夫を大切に、自分を大切にできるようになり夫婦仲も前より良くなりました。

これが一番嬉しかったことです。

始めのうちはブログに興味もなく、この働き方が正解なのかどうか不安で、家族や友人にも隠して働いていました。

でも、今では堂々とこの仕事を話せるし誇りを持ってシゴトをしています。

これまでの人生で、自分の自信というものはどんどんしぼんで、しおれて、小さくなっていました。

「どうせ自分には何もできない」
そう思いながら段々自分の意思もやりたいことも分からなくなっていました。

でも、少しずつ膨らんだ自信が理想の自分を作り上げてくれています。

家族や自分を大切に出来るこのシゴトはこれからもずっと続けていきたい。

そう強く思っています。

理想の未来のために

私はブログでの収入が増えていくにつれて、意識が少しずつ変わってきました。

これまではとにかく稼ぐことだけしか考えてませんでしたが、「この方法を人に教えたい」と考えるようになってきたのです。

現在では、ブログを書くだけでなくその方法をコンサルタントとして人に教えるシゴトも行なっています。

いま私がやりたいことは、過去の私と同じように自分の人生の中で、

「やりたいことがない」
「自分に向いているものがない」
と思っている人の道しるべとなること

今やりたいことがなくても、まず自分で稼ぐスキルを身につけて自分に自信を取り戻していけば、やりたいことが見つかっていくかもしれない。

なんとなく始めたことが身を結ぶかもしれない。

私は、やりたいシゴトと出会えてから「理想の未来」を思えるようになりました。

今は自分の思い描く「理想の未来」を実現するために毎日を過ごしています。

正直、銀行員時代には「理想の未来」なんて考えたこともありませんでした。

ただ毎日の業務を”終わらせる”ことに追われて、何かを”始める”ことなんて考えられなかった。

理想を考えたところで、
「どうせ叶わない」
そんな気持ちがありました。

ですが、起業してからは「理想の未来」が次々と頭に浮かぶようになりました。

  • 50歳までに退職して夫とのんびり島国で暮らしたい
  • 家で好きな時に働いてベストシーズンに旅行に行きたい
  • 子供ができたらずっと近くで成長を見守りたい
  • ずっとストレスフリーで楽しく働き続けたい

などなど、いくらだって出てきます!

細かいことはたくさんあげられますが、一番はただ単純に家族とずっと笑って過ごせればいいと思っています。

こんな理想を実現するために、私は日々ビジネスと向き合っています。

もし、あなたが昔の私のように自分のやりたいことがなくて悩んだり、自分に合う仕事が分からない不安があるなら、難しく考えずに「とりあえず」動き出してほしいです

その「とりあえず」の先で、自分のやりたいことが見つかるかもしれません。

家族や自分を大切に出来るストレスフリーな働き方を、「ゼロから」実現させてみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri

私はいま、好きな時に起きて好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす…こんな感じで毎日を過ごしています。

より詳しい成功までの道のりやノウハウについては、無料オンライン講座で公開中です。

また、現在は講座を受講してくださった方に期間限定で「オンライン起業のガイドブック」を無料でお渡ししています!

よかったら↓こちらから登録してみて下さいね^^

ブログで収入源を作る!初心者のための無料メルマガ講座
登録はコチラ
ブログで収入源を作る!初心者のための無料メルマガ講座
登録はコチラ