夫婦の働き方

夫が仕事を辞めたいと言ったら|私が迷わず「辞めてもいいよ」を言えたワケ

「仕事を辞めたい」

ある日突然、夫がこんなことを言ってきたらどうしますか?

転職できるのかどうか、しばらく私の給料だけでもやっていけるのか…などなど、夫婦の今後について様々な不安が頭に浮かぶと思います。

色々な感情が重なり、愛するパートナーにどんな言葉をかけてあげたらいいのか分からないという方も多いでしょう。

私も最近、夫から「仕事を辞めたい」と言われましたが、二つ返事で「辞めてもいいよ!」と言いました。

そこで今回は、私が「辞めてもいいよ」と即答できた理由や、退職意思がある夫への対応を私なりにまとめてみました。

夫からの急な言葉に悩んでいる方や、参考になればと思います^^

夫が仕事を辞めたいと言ってきた

2018年の12月、夫がこんなことを言ってきました。

「俺、やっぱり会社辞めたいな。」

確かに前々から仕事の愚痴はたくさん言っていたし「辞めたい」という言葉は何回も聞いてきました。

だから、そこまで驚かなかったのを覚えています。

でもやっぱり、どこかで「まあ、この人はこのまま辞めずに働いていくんだろうな〜」なんて思っていた自分がいたのも事実です。

だから「あぁ、本気で辞めたかったんだなあ」と、これまで夫の愚痴を話し半分で聞いていたことを少しだけ後悔しました。

それを考えた時、自然と口から言葉が出ていました。

「そっか、辞めてもいいよ!」

その言葉を聞いて、夫は少しだけホッとした表情をして「ありがとう」と言ったのです。

私はその瞬間、二つ返事で夫の背中を押した選択が正しかったと確信しました。

「妻として」できることとは

夫が仕事を辞めたいと言ったら「妻として」できることって何があるでしょうか?

やっぱりパートナーって、同僚や友人、親とも違う存在ですよね。

きっと、夫も私に特別な思いや勇気を持って退職の意思を伝えてくれたと思うんです。

だからこそ、まずはその思いや勇気をしっかりと受け止めてあげることが大事なのかもしれませんね。

ここでは「仕事を辞めたいと言ってきた夫に妻としてできること」を私なりに考えてお話しさせていただきます。

まずはゆっくりと理由を聞いてみる

いきなり「仕事を辞めたい」なんて言われたら、頭が混乱する人がほとんどでしょう。

  • 「なんで!?どうしてよ!?」
  • 「これから子供のことだってお金がかかるのに!」
  • 「これからの生活費はどうするのよ!」

言いたい気持ちは分かります。

でも、ご主人は精神的に追い詰められたから辞めたいと思っているのかもしれません。

勇気を出して打ち明けたのに、一番味方でいて欲しい人にそんなに問いただされたらどんな気持ちがするでしょうか?

まずは落ち着いてご主人の話をゆっくり聞きましょう。

「そっか。どうしてそう思ったの?」

せめて最初はこれくらいでいいんじゃないかなあと。

そこで理由を色々話してくれるのならば、全部話を聞いてあげましょう。

その場で答えられないなら、それはそれでいいと思います。

まずは「辞める」ということをパートナーに話すことが今の精一杯だったのかもしれませんし、まだ気持ちに整理がついていないかもしれないので、問い詰める必要はありません。

「言ってくれてありがとう。」

この一言だけで終わりにしておきましょう。

気持ちに整理がつけばきっと向こうから話してくれるはずなので、それまではそっとしてあげるのが一番だと思います。

夫婦,画像

基本的に否定をしない

夫が「仕事を辞めたい」と話しているときは、基本的に否定をしないことを意識しましょう。

  1. でも
  2. だって
  3. どうせ

この「3D」も使わない方がいいですね。

もしかしたら、ご主人の話の中に矛盾点を感じることもあるかもしれません。

「その問題って、こうすれば解決するんじゃないの?」

「それって逃げてるだけじゃないの?」

などと思うことがあるかもしれません。

でも、きっとご主人はあなたに伝えるまでに1人でたくさんの解決策を考えてきたはずです。

色々考えた結果どうにもならないから、解決策が分かっていてもそれができないから、辞めたいと言っているのかもしれません。

例えあなたの考えたことがめちゃくちゃ建設的な意見だとしても、今は言うタイミングではないのだと思います。

今すべきなのは矛盾を解決することではなく、夫の話を聞くことです。

「うん、そうだよね。」

「私もそう思うよ。」

「大変だったね。」

「頑張らなくていいからね。」

自分が夫の立場だったら、そんな言葉の方が救われる気がしませんか?

今はただ、相手の話を全て聞くことに徹しましょう。

夫婦としての今後を考える

「仕事を辞めたい」と話している段階で、夫は今後のプランについて考える余裕がないかもしれません。

まずは冷静なあなたが夫婦としての今後のことを考えてみましょう。

夫の意見を否定せずに「辞めていいよ」と言うのは簡単ですが、現実は厳しいものです。

「なんとかなるさ」でなんとかならない場合もあります。

今の家計状況などから生活のスタイルを変える必要が出て来るかもしれません。

必要以上に1人で抱え込む必要はありませんが、余裕のある方がちょっとだけリードしてあげたり、視野を広く持ってあげるといいと思います。

あとは夫が落ち着いたら、2人で「夫婦として今後どうしていきたいか」ということをじっくり話し合いましょう^^

気分転換できる時間を作る

退職を考えている夫の頭の中は、仕事のことでいっぱいです。

ちゃんと気分転換する時間を作ってあげましょう。

  • 家族で温かいご飯を食べる
  • スポーツで一緒に体を動かす
  • 夫の好きな釣りに一緒に行ってみる
  • 一緒に日帰り温泉へ行く

家でホッとできる時間を作るのでも、夫の好きなことをさせてあげるのでもなんでもOKです。

何をしてあげればいいのか分からないかもしれませんが、そこに愛情があれば大丈夫。

もちろん、夫が疲れているのに無理に連れ回すのはよくないですが^^;

仕事から離れて家族と何気ない時間を過ごすだけでも、ご主人にとってはリフレッシュになると思います。

夫婦,画像

私が「辞めてもいいよ」と言った理由

私は夫から「仕事を辞めたい」と言われたとき、二つ返事でOKを出しました。

これを友人や知人に話すと「すごいね…」「心が広いね」なんて言われ、たまにちょっと引かれます(笑)

でも、私も数年前の自分だったらそんなこと言えなかったと思います。

では、なぜ私は「辞めてもいいよ」と言えたのか…その理由をお話させていただきます^^

私の収入が安定していたから

私は2017年の夏に銀行を辞めて、起業をしました。

夫が仕事を辞めたいと言ってきた時には、銀行員時代の2倍以上の月収がありました。

だから「あなたが辞めて生活はどうなるのよ?」という言葉はまず出てきませんでした。

「しばらくは私が家計を支えるから大丈夫だよ!」

自分で考えてもなかなか漢らしいセリフを放ったのを覚えています(笑)

やっぱり家庭として一番の心配どころはお金ですからね…ここの心配がなかったのは大きかったです。

関連記事:銀行辞めて良かった!6年目に辞めた私が退職から1年経って思うこと。

私も勝手に仕事を辞めたから

私が夫に「辞めてもいいよ!」と言えたのは、この理由が一番大きいです。

何を隠そう、私は夫に相談なしで勝手に仕事を辞めた過去があるのです!(どんっ!!)

Juri
Juri
プロフィールに詳しいことが書いてありますので、よかったら読んでみてください…(´•ω•`)Juriのプロフィール

私が仕事を辞めたとき、夫は呆れながらも私のことを受け入れてくれました。

それなのに私が夫の退職を止めるなんて…そんな選択とりませんよ。とれませんよ。

今こそ、私の身勝手な行動を受け入れてくれた夫に恩返しするときなのかなと思えてきました。

恩返しをするチャンスがきたことに、むしろ感謝すべきなのかもしれない、と。

「今度は私が夫を支える番だ」と思えたから、悲しさや怒りはありませんでした^^

無理して働く姿を見るのは耐えられないから

ここ数年、仕事から帰ってきた夫の顔は疲れきっていました。

勤務年数も増えれば責任も増える、かといってお給料は全然上がらない。

もともと仕事の愚痴を吐かない人でしたが、だんだん不満を漏らす頻度が増えました。

私は「それで不満が解消されるなら」と思っていましたが、そんな簡単なことでもありませんでした。

仕事のストレスで胃炎になった回数も数え切れません。(私も多少の原因になっていたかもしれませんが…)

夫の姿を見て、私も自分のビジネスを早く安定させようと頑張りました。

夫が無理をして働き続けるのは、私の収入がまだまだ頼りないのだとも思っていたからです。

だから、夫から「仕事を辞めたい」という言葉を聞いて少しホッとしたんです。

  • 夫が無理して働く姿を見なくてよくなる
  • しばらく私に任せても平気だと信頼してもらえている

多分、ホッとしたのにはこの2つの理由があったと思います。

ホッとした時、ふとミスチルの「YourSong」を聴きたくなりました。

飛び込んでくる嫌なニュースに心痛めて

また時にはちっちゃな事で笑い転げて

一緒に生きていく日々のエピソードが特別に大きな意味を持ってる

そう君じゃなきゃ 君じゃなきゃ

夫が仕事を辞めることが、全く不安じゃない訳ではありません。

でも、私がちっちゃなことで笑いあいたいのは夫です。

だから、「君じゃなきゃ」と思える人と何気ないことで笑いあえるような選択をするのは当然だと思います。

夫の人生なんだから、夫の選択を尊重したい

夫婦というものは、個人の選択も2人の選択だと捉えられます。

でも、それぞれが意思を持った2人の人間です。

どう生きるのかも個人の自由のはずです。

夫の人生は、夫のもの。

あなたの人生は、あなたのものです。

確かに夫婦としての今後に関わる問題ですが、まずは夫の意見を尊重する姿勢が大事なのかなあと思います。

「あなたはどうしたい?」

これをしっかり聞くことが大事です。

私と夫は、それぞれがどう生きたいか、それぞれの理想に向かって最善の方法を取ることにして、2人で自宅で働くという選択を取りました。

まずは夫個人がどうしたいのかを聞いて、それぞれの選択を尊重できるような環境を整えていきましょう。

夫婦,画像

まとめ

夫が仕事を辞めたいと言ったらどうすればいいのか、体験談を交えながら「妻としてできること」をお話しさせていただきました。

いざとなったらパニックになってきつい言葉をぶつけたくなるかもしれませんが、まずは相手の気持ちに寄り添って話を聞くところから始めましょう。

まずは夫の話を聞いて、意見を尊重することが一番だと思います。

夫の人生は夫が決めるもので、パートナーが決める権利はないと、私は考えています。

私がそういった考えで「辞めてもいいよ」と言えたのは、自分自身に余裕ができたからというのもあります。

大切な人を支えてあげられるように、まずは自分がしっかりしておくというのも大事なことなのかもしれませんね^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE