イベント参加レポート

【マルネク】ノジーさんのセミナーでブランディングを学んだ〜後半〜

5月12日、渋谷にて行われたマルネクのセミナーに参加してきました。

今回の講師は「Life is Art」が信条のWEBマーケターのノジーさんです。

ノジーさんのサイトはこちら→LIFESTYLE DESIGN GUIDE

前半はブランディングとは何か、重視すべき4つの価値、そして時代性にあったブランディング構築の仕方についての講義をまとめました。

前半はこちら→【マルネク】ノジーさんのセミナーでブランディングを学んだ〜前半〜

後半では、ブランディングを構築していく上で必要なことをまとめてみました。

それでは、二本立ての後半をお届けします。

ペルソナを固めた発信

前半では、時代性にあったブランディングが何なのかを学びましたが、

その中でも大事な「ペルソナ」についてのお話もありました。

ここではノジーさんのセミナーでお話があったことのうちから、

ペルソナを設定するとどうなるのかや、設定する上で大事なことを紹介させていただきます。

ペルソナとは

ペルソナとは、ビジネスをしていく上で自分がターゲットにしたい理想の人(人物像)です。

製品やサービスを提供(販売)するにあたり、

「 どんな顧客に買ってもらいたいのか」を決めてアプローチするのがペルソナマーケティング。

それもなんとなく「ブログの書き方を知りたい人」「稼ぎたいと思っている人」というのではなく、

具体的に「特定の人」として描くことが大事です。

性別、年齢、性格、ライフスタイル、趣味、悩み、夢などなど具体的すぎるくらい具体的に、

その人の姿が思い浮かぶくらいにペルソナを掘り下げて設定します。

もし実在する人ならば、その人がSNSでどういう人をフォローしているのか、

どういうライフスタイルを送っているのかまで調査していく必要があります。

ペルソナを設定するとどうなる

ペルソナを設定するとどうなるのでしょうか?

ペルソナを設定→その人に届ける発信をする

というように発信の軸が固まっていくようになりますよね。

例えば、ペルソナが大人しい人で趣味が旅行ならば、

サイトのデザインも落ち着いた感じでワイワイした雰囲気にはならないでしょうし、

記事も旅行に関したものを書いたり、発信しますよね。

そうすると、設定した人物像に近い人に刺さる内容になります。

真逆のパリピ系の人にはなかなか刺さらないと思います^^

ペルソナを持たないと誰に向けての発信なのか定まらず、誰にも刺さらないものが出来てしまいます。

ペルソナを具体的にしてその人に届ける発信をしていくことで、

ペルソナに近い、同じグループに属している人に価値提供が出来るようになるのです!

実際、ペルソナと全く100%同じ人が顧客になることはないと思いますが、

ペルソナの要素を持った顧客が集まる可能性は高くなりますね。

ペルソナを設定する上で大事なこと

ノジーさんは、ペルソナ設定としてまず初めに

「誰にどんな価値を提供してどんな世界に連れて行きたいのか」

「まず誰にとっての特別な存在となりたいのか」

と深掘りして考えてみてくださいとおっしゃっていました。

自分のターゲット層をしっかり決めるということは、

私=理想の顧客に価値を提供できる

顧客=自分が必要な価値を得られる

というお互い幸せな状態が生まれます!

情報発信だけではなく、ビジネスをしていく上でペルソナの設定はとても大事なことですね!

神7ビジネス

ペルソナを設定していく上で、

ノジーさん曰く今は、

集団の時代=コミュニティの時代だそうです。

最初は顧客一人が相手なのですが、

ペルソナを一人に決めてもコミュニティとなれば色々な人が集まってきます。

そこで必要なのは・・

「AKBの神7」

のように、自分のコミュニティから代表的なメンバーを7人作っていくことなのだそうです!

それも同じような人ばかりではなく、色々なカラーのある人で設定していくと良いんだとか。

AKBの全盛期の神7も、あっちゃん、まりこさま、こじはる、ともちんなどそれぞれ個性的ですよね^^

個性的で全員バラバラなのに「よりどりみどり感」があって、すごく魅力的でした。

自分の理想的な顧客を違うタイプで何人か集められて大事にしていくと、

今度はその顧客が実際に自分のブランドの顔になります。

洋服のブランドがその代表例ですよね。

ブランドの服を着てるお客さんがかっこいいと、同じブランドの服が欲しくなる!

逆にかっこ悪い人が来ているブランドは、同じブランドは買いたくないですよね。

自分のブランドの顔が出来れば、その人たちになりたい顧客や、似た顧客がまた集まるのです。

「情報発信の目標地点は自分のブランドを代表する7人(くらい)を集めること」

とノジーさんは、仰っていました。

難しいとは思いましたが、すごい理にかなってますよね!

コミュニティを持つことになったら、参考にしたいと思います!

何をすべきか?

ブランディングを構築するためには、

ペルソナを設定して、そこに向けて発信をすること。

再現性のないビジネスをすることで本当の自分オリジナルが作れるということが分かりました。

ですが実際に何をすべきなのでしょうか?

ノジーさんからとても大事な基本中の基本となる考え方を教えていただきました。

基本は守破離

基本中の基本は守破離!

守破離とは・・

守破離(しゅはり)は、日本での茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方の一つ。

日本において左記の文化が発展、進化してきた創造的な過程のベースとなっている思想でもある。

個人のスキル(作業遂力能力)を3段階のレベルで表している。

-Wikipedia守破離より-

型を「守り」進化して型を「破り」最終的には自由に型から「離れていく」という意味です。

守:支援のもとに作業を遂行できる(半人前) ~ 自律的に作業を遂行できる(1人前)

破:作業を分析し改善・改良できる(1.5人前)

離:新たな知識(技術)を開発できる(創造者)

軸をしっかり持ちつつ、いろんな方のいい部分を取り入れて再現していく!ということです。

最初から全部オリジナルで闇雲に取り組むのではなく、

周りの成功体験を参考にして厳選することでより良い物が出来上がります。

周りがやらないことをやる

他の方のやり方を勉強していると、疑問を持つことがあるかもしれません。

「なんでこの人これやらないんだとう」

「もっとこういうやり方にすればいいのに」

と思ったらどんなに小さなことでも自分がやっちゃおう!

成功している人でも、実際やろうと思っていてやりきれない部分はたくさんあるそうです。

そこに気づいて誰もやっていないところを形にできるように、

学ぶ時にも常にアンテナを張って置くことが大事ですね^^

質と個性

個性や感情的な部分を重視しがちになりますが、クオリティの高いものを作ることはとても大事。

今の時代は機能的価値の部分で手を抜きがちな傾向があるそうです。

ということは・・完成度が高いものを作り続けていくことだけでも差別化が出来る!

実体験×クオリティを発信していくのが理想的。

これを聞いて、しっかり地道にクオリティを追求していきたいと思いました> <

ポジショニングをずらす

自分自身が提供する価値は明確であるべきですが、ポジショニングは曖昧の方がいいそうです。

ネットビジネスをしているからといって、同じ業界の人ばかりを参考にするのではなく、

業界の垣根を超えて様々な人を参考にするのが大事なんだそうです。

それぞれの良さを吸収して、ジャンルに偏らない存在になれたら・・

視野も広い、色んな角度から物事を捉えられる人になれますね!

フィルターの価値を高める

物事を見るフィルターは人それぞれ違います。

魅力ある人、目標としたくなる存在って、フィルターが魅力的ですよね。

自分とは違ったフィルターを持っている人には興味が湧くものです。

「こんな考え方が素敵」

「当たり前のことをこんな捉え方できるなんて」

とか思うことありますよね^^

自分の言葉で、ビジネスとは何か、人生のテーマなどを語れるのは大きな価値となります。

同じ業界に限らず、様々な作品や考え方に触れて”自分カラー”のフィルターを作りましょう!

とにかく考える!

他の人とは違う、自分の言葉で定義できるようにはどうすればよいのでしょうか?

そのためには・・とにかく考える!

裏技や近道はないんですね。

常に当たり前のことに「なぜ」「〇〇とは何か」を考えるクセをつけていくのが第一歩。

そして色んな人のフィルターを吸収して、

「なぜこの人はこう思うのか」「なぜこの人に自分は惹かれるのか」

逆に「なぜこの人の考えに惹かれないのか」を考える。

とにかく考えていくしかない!

そして、自分の言葉で自分のストーリーが語れたら完全なオリジナルとなるわけです。

私の人生は誰とも被らないオリジナルです。

それを自分の言葉で語れると、まさにライバルレスですね!

そのためにはたくさん考えるしかありません!!

インプットの幅を広げる

人の人生を変えるのがビジネス。

収入、ライフスタイル、考え方、など小さなことでもビジネスは何かしら人の人生を変えています。

人の人生に影響を与えているものには、必ず自分の発信にも取り入れられるヒントがあります。

同じ業界から離れて様々なものからインプットをしてビジネスに取り入れていけると良いそうです。

情報発信は理想を目指す旅

顧客の人生を変えるのがビジネス。

情報発信は顧客と一緒になって理想に向かって走っていくもの。

そのためには、まずはしっかりと自分の理念を伝えて共感をしてもらうことが必要となります。

そうすると、同じ方向を向いて走っていける、

お互いに共通の意識を持って取り込める理想の形になります。

自分と同じ考えや、自分の考えに共感してくれる人と何かが出来るってとても素敵なことですよね^^

何色の服を着て、どこに向かってどんな道を歩くのか、まずは自分の理想を追求することが大事!

セミナーの感想

今回ノジーさんのセミナーに参加させていただき前半・後半と分けてお届けしました。

ここで紹介した内容はごくごく一部です。

ノジーさんの発する言葉一つ一つに惹きつけられ、まるで一つの物語のような講義でした。

内容は深くて深くて・・難しくて・・途中頭から蒸気が出ていたと思います(笑)

私が理解できたのはまだまだ上の部分ですが、

これからもステージが変わるごとに何度も復習して最下層までたどり着きたいと思います。

一番衝撃を受けたのは、何と言ってもノジーさんの考えの深さ。

「成功している人はここまで追求しているのか!」

と衝撃を受けることが多いのですがノジーさんは圧倒的でした。

多くのものを参考にして、分析して自分に落とし込む作業に抜かりがないと感じました。

また自分の表現のクオリティも妥協していない芯の強さも感じました。

圧倒されっぱなしでしたが、

「成功している人たちがしてきた努力が出来れば・・私にもきっと出来る!」

とも感じました。

積み上げてきた経験や努力が圧倒的な方々の努力を真似すれば私にも・・とワクワク。

スポーツの世界と違って、元々の才能の差が致命的にならないのがこのビジネスのいいところ。

一気に成し遂げられなくても、一つずつ目の前のやるべきことに正面から取り組んでいこうと思います!

懇親会にも参加しました

セミナー後、懇親会にも参加させていただきました。

これでマルネクのセミナー&懇親会に参加するのは3度目だったのですが、

今回もメンターのHitomiさん、マルネクメンバーの皆さん、そしてノジーさんからビジネスの話を聞いたり、

たわいもない話をしたりとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

また今回はセミナーの前には同じマルネクメンバーのKANAKOさんと少し早く集まって、

お互いの悩みや進み具合などを相談させていただきました!m(_ _)m

志の高いメンバーさんたちと話していると、自分の歩みのペースの遅さを反省します^^;

皆さんそれぞれ悩みを持ちながら理想に向かって着実に一歩ずつ歩いているので、

私もそうでありたいと初心に戻ることが出来ました。

コミュニティの力ってすごい!

そして「私も誰か一人にでも何かを与えられていたらいいな」と考えながら帰路につきました。

まとめ

5月12日に渋谷で開催された「マルネクセミナー」について、

学んだことや感想を前半・後半に分けてお話しさせていただきました。

情報発信をする上で必要なことがギュッと詰まったセミナーでした。

裏技や近道のないビジネス。

真っ直ぐに自分の道を歩んでいる方達とお話しすると、

”人として”しっかりしないといけないなと感じます。

胸を張って発信ができるように自分を高めていきたいと思います^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE