メルマガ公開

まずは自分が幸せになる。

4月も半分が過ぎ、
新年度のバタバタも
少しずつ落ち着いてきましたね。

春はスタートや変化の時期ですが、
私の生活にも変化がありました。

それは…夫の退職!

もともと私たちは
2人とも外で会社員として
働いていたのですが、
1つの目標だった
「夫婦で家で働く」という
スタイルを実現することができました!

ですので、
今年の春は私たち夫婦にとって
特別なスタートの季節となりそうです^^

今日は、
そんな夫婦の変化から

−大切な人を幸せにするために、
まずは自分が幸せになる。−

というお話をしてみたいと思います。

私たち夫婦の歩み

起業家仲間を見渡しても、
夫婦でビジネスをやっている方は
大勢いらっしゃいますが、
私たち夫婦はスタートが
少々特殊な形でした。

直接お会いしたことがある方には
よくネタとしてお話しするのですが、
今日はここでも夫婦のビジネスの歩みを
紹介させていただこうと思います。

簡単なプロフィールでは、
「私が仕事を辞めてブログを始めた」
と端折って書いていますが、
本当は少し違うんです。

もともと私の夫は
ネットのシゴトに興味があり、
付き合った当初から
転売などをかじっていました。

でも長くは続かず、
次に目をつけたのがブログでした。

ネットで情報を集めて
自力でアドセンス一発合格(!)。
しかし自力で進めるには限界を感じ、
メンター探しを始めました。

ブログコンサルをしている人の
メルマガを片っ端からとったり、
サイトをチェックしながら
数名の方とコンタクトを取り、
その中から1人の女性起業家さんに
コンサルを申し込みました。

その人こそが、
私が今もコンサルを受けている
起業家のHitomiさんです。

ちなみに、
Hitomiさんを選んだ理由は
「3人の候補に絞った時に
思考がロジカルなんだけど
どこか体育会系の匂いがして
自分に合うと思ったから」
だそうです^^
(結果として大正解でした!)

コンサルが始まり、
本格的にブログをスタート!

…しようと思ったこの時。
私が仕事を辞めました。
夫に相談もせず。

今は笑える思い出ですが、
当時は完全に笑えないやつです。

転職先のアテもなく
勝手に仕事を辞めてきた私に、
夫は自分が運営するはずの
ブログを譲ってくれました。

「とりあえず3ヶ月
本気でやってみて」と。

この時のことを夫に聞くと
「こうするしかなかった」
と語っていました(笑)

ブログについては
アドセンス審査用の記事を
いくつかお手伝いをしましたが、
この時は仕組みなんかも
全然分かっていませんでした。

正直興味もありませんでした。

ですが、
夫に黙って仕事を辞めて、
夫がお金を払って勉強している
大事なものを譲ってもらって…
やらない理由がないですよね。

本気でやるしかないですよね。

それからは、
しばらく夫の収入に頼りながら
私はブログに集中しました。

ここからは、
プロフィールなどでも
お話ししている通り。

「3ヶ月で結果が出なかったら
ブログを辞めて再就職」
という目標を決めて実践し、
目標を達成し…今に至ります。

私のビジネスは、
夫が最高の環境を与えてくれたこと
からスタートしたのです。

自分が先に幸せになる

私がブログを始めたばかりの頃は、
全く心に余裕がありませんでした。

「結果が出なければ再就職」
と焦って行動しても
簡単は結果も出ず、
うまくいかない時には
夫への態度が冷たくなったり
八つ当たりをする時もありました。

夫に感謝の気持ちがあっても
なぜか素直に伝えられなかったり、
恩返しのために早く結果を出したいのに
ちょっとサボってしまったり。

夫にサボったのがバレて
怒られたこともあります^^;

こんな感じで、
とにかく最初は
「起業して自由で楽しい!」
という感情は全くありませんでした。

ですが、
実践2ヶ月で月収10万円を達成し、
右肩上がりにブログが成長して
情報発信をスタートするようになり、
徐々にシゴトの中で楽しさが
感じられるようになっていきました。

単純に自分にできることが増えると
ワクワクして楽しいものですよね。

コンサルタントの活動を
スタートしてからは、
読者さんやクライアントさんと
毎日接するようになり、
これまでとは違った新たな楽しさを
感じることができています。

収入もある程度安定して
シゴトの中にも楽しさを
見い出すことが出来てからは、

以前に比べると
心にも余裕がありますし、
夫にも優しく接することが
できるようになったと思います。

優しくというか、
八つ当たりや愚痴を
ぶつけることなく
「普通に楽しく時間を過ごす」
という普通の幸せを
感じられるようになりました。

そして、
あるとき夫から
「仕事を辞めたい」
という相談がありました。

すぐに自然と
言葉が出てきました。

「そっか、辞めてもいいよ!」
「今度は私が家計を支えるね!」

私がこの言葉を言えたのは、
自分に余裕があったからだと思います。

心の余裕、
そして収入の余裕も。

自分に余裕がなかったら、
夫の「辞めたい」という言葉に
即答はできなかったでしょう。

夫が仕事を辞めることに
反対していた可能性さえあります。
(そう考えるとゾッとします…)

自分の心に余裕がないときは、
人に優しくする余裕もなければ
人を支える余裕もありません。

自分が幸せでなければ
人を幸せにすることもできません。

だから私は、
「大切な人を幸せにしたい」なら
まずは自分が幸せになるのが
一番大事なんだと思います。

大切な人を大切にするために。

よくメルマガの返信でも
「家族を大切にしたい」
「大切な人を幸せにしたい」
という内容のメールをいただきます。

自分以外の誰かを幸せにしたいって
とても素敵な考え方だと思うし、
私も同じ考えで毎日を過ごしています^^

でも、
それを本気で叶えるなら
「叶える順番」があると思います。

まずは、
自分が幸せになる。

その次に、
大切な人を幸せにする。

という順番です。

同時に叶えられたら
それに越したことはありません。

でも、
自分が幸せでない時に
同時にそれを叶えるのは
とても難しいことです。

自分に余裕がない人は、
余裕を作ることで精一杯で
人に分け与えるだけの
余裕は持ち合わせていません。

自分の喉の渇きを潤すために
手のひらに水を持っていても、
それはすごく少量で。

人に分けてあげられる量もなければ
分けるための道具もない状態です。

そんな状態で
人に分け与えようとしても、
上手に受け渡しもできず
手のひらから水はこぼれて
地面に吸い取られるだけ。

結果として、
人に与える水だけでなく
自分が飲む水も失ってしまうのです。

つまり、
自分に余裕がないのに
一気に自分と人を満たそうとしても
それは難しいよってことです。

まずは
自分の家に水道を引いて、
常に喉を潤す事のできる
環境を作り出してから、
人にも水を分け与えることを
考えていきましょう。

まずは自分が先に幸せに
なっちゃうことです。

一気に複数のことを
進行するのはうまくいかなくても、
順番を決めて一つずつ取り組めば
ちゃんと上手くいくことは
たくさんあります。

ブログでも、
いきなり夫婦で仕事を辞めるだけの
収入を得るのは大変ですが、

まずは一人分の収入、
そしてもう一人分の収入、
と段階を踏んでいけば
夫婦で仕事を辞めても大丈夫な状態を
作ることも可能になってきます。

だから、
「大切な人を幸せにしたい」
と思ったらまずは全力で
自分が幸せになることに向かって
行動を起こしていきましょう。

そのためには、
大切な人を幸せにすることは
一旦横に置いておいても
いいかと思いますよ。

私がそうでしたので。

これは
自己中でもなんでもなく、
ただの優先順位の問題です。

ぜひ、
「何からやるか」を決めて
未来を変えるための行動を
積み重ねていきましょう!

P.S.

最近はコンサル生のIさんから
「本業で残業を大幅に削減をする
契約に切り替えてもらったので、
2時間ほど時間にゆとりが出来ました!」
とのご報告をいただきました。

「時間がない」と嘆くのではなく
自分で時間を作り出す姿勢が
素晴らしいですね!

私も見習って時間を作る努力を
重ねていこうと思います^^

P.P.S.

夫から「仕事を辞めたい」と
言われた時の私の心境は
こちらの記事で詳しくお話ししています。
夫が仕事を辞めたいと言ったら|私が迷わず「辞めてもいいよ」を言えたワケ

よかったら
読んでみてください〜^^

ではでは!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE