GoogleAdSense

私がクリック率を2%保持した「関連コンテンツ広告」の配置方法や注意点を解説するよ!

Googleアドセンスによる収益(報酬)は、
以下の方程式で表されます。

PV数(アクセス数)×クリック率×広告単価=報酬額

この中で自分の工夫で上げることができるのは、
PV数とクリック率です。

今回は、クリック率を上げる方法として
「関連コンテンツ広告」を紹介させていただきます。

私はこの広告を利用し始めてから
クリック2%以上を保持していますので、
アドセンスを使ったブログ実践者の方には
ぜひ導入していただきたいと思っています。

この記事では、
「関連コンテンツ広告」の広告の説明から
設置方法、注意点などを解説させていただきます。

月収20万円や30万円を達成するには
必須とも言える内容になっていますので、
ぜひぜひご覧ください!

Google AdSenseの広告の貼り方とコード編集方法|ベストな配置位置と種類を解説アドセンスの広告は、 ただ適当に記事内に配置するのでは収益が上がっていきません。 「効果的な配置」というものが存在します。 ...

関連コンテンツ広告とは?

関連コンテンツ広告とは、
Googleアドセンスが提供している
無料でサイト内に関連記事を配置するサービスです。

関連コンテンツ,写真

こんな感じで、
同じブログの関連記事と広告が入り混じっています。

ここに載る関連記事は、
同じブログから記事のカテゴリが同じものが選ばれています。

関連コンテンツ広告のメインの目的は
「ユーザーの満足度を向上させること」。

WordPressでも、プラグインなどで
関連記事を掲載することは出来ますが、
それらとの違いは関連記事の中にランダムで広告が載るということです。

関連記事広告を設置するメリットは?

私が考える、
関連コンテンツ広告を掲載するメリットは以下の2つです。

  1. PV数と滞在時間の増加
  2. 記事の中に自動で広告が表示される

まず一つ目は、PV数と滞在時間の増加です。

Googleが公表しているデータでは、
平均的なおすすめの関連コンテンツの効果は
このようになっています。

ページビュー数が9%
滞在時間が10%向上

PV9%アップは魅力的ですよね!

ユーザーは興味があって
私たちの記事を読んでくれているので、
その関連の記事があれば読んでくれる確率は高いものです。

何記事も読んでくれれば、
当然滞在時間も長くなるのでSEO効果もあります。

二つ目は、広告を表示できるというところです。

この関連コンテンツを設置すると、
広告表示回数が向上し広告収益の増加が見込めます。

関連記事の中に広告が紛れ込んでいるので
クリック率も上がる=収入もアップするのです。

私のブログでのクリック率の推移

関連コンテンツ広告を掲載するメリットが分かったところで、
私のブログで実際にどれだけクリック率が上がったのかを
簡単に紹介させていただきます。

私が自分のブログに
関連コンテンツ広告を設置したのは、2017年11月頭。

Juri
Juri
後ほど説明しますが、凡ミスを犯していたため効果が出たのは11月後半からになります。

導入前と導入後の
1ヶ月の平均クリック率を比較してみると…

2017年10月:1.62%
2017年11月:1.74%
2017年12月:2.11%

これだけ違うんです!

その後も、クリック率2%を切ることなく推移しています。

クリック率が1%から2%に上がるというのは、
単純に収益が倍になるということです。

10000PVを集めていたとしても、
クリック数によって収益はこれだけ変わってきます。

クリック率1%→約3000円
クリック率2%→約6000円

関連コンテンツ広告は
滞在時間が上がってSEO対策ができるだけでなく、
クリック率増加で収益も上がるという素晴らしい機能なのです。

これは使わない理由はないでしょう。

関連コンテンツは設置できる条件がある?

関連コンテンツ広告のメリットが分かり、
「今すぐに使いたい!」と感じていただけたと思います。

しかし、この機能には利用できる条件があります。

誰もがこのコンテンツを設置できるわけではないのです。
アドセンス審査とは別に審査のようなものが存在しているようです。

Googleの記述は以下の通りです。

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。
ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。

(引用:関連コンテンツの概要)

さらに分かりやすい表はこちらです↓

段階利用資格意味
第一段階関連コンテンツユニットを利用できませんサイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしていません
第二段階関連コンテンツユニットを利用できますサイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしています
第三段階関連コンテンツユニットを利用し、オススメの関連コンテンツの中に広告を表示できます サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしており、十分な収益が見込めます
Juri
Juri
「トラフィック量」は、サイトへのアクセス数のことだよ!

つまり関連コンテンツを設置するには、
一定数のアクセスと記事数が必要なのです。

広告を表示させるには
収益が見込めるという条件も加わってきます。

どこか1日だけ収益やアクセスが良ければ良いというものでもなく、
ある程度継続していることも必要だと言われています。

実際にどのくらいの記事数やアクセス数、
収益が必要なのかですが、
具体的な数値は公表されていません…!

関連コンテンツが表示された私のブログデータ

関連コンテンツは、
どのくらいのPVや収益が出ていれば使用できるのか、
具体的な数値は明らかにされていません。

そこで、参考資料として
実際に関連コンテンツを設置した
私のブログの記事数やPV数を紹介させていただきます。

関連コンテンツを設置できるようになった
2017年11月9日時点のデータは以下の通りです。

  1. 記事数:380記事
  2. PV数:531,715PV
  3. 総収益:20万円ほど

最適化,写真

こんな感じでアドセンスの管理画面に
関連コンテンツに関する表示が出てくれば、
関連記事の設置が可能です。

月収10万円ペースになって安定してくると
Googleから最適化の案内がくる
なんて話もあるようですが、
これはサイトによってまちまちのようです。

2つ目に立ち上げたサイトでは
10万円に届く以前に設置のお知らせが来ました。

Googleさんの独自の評価で決まるものなので、
「表示されたらラッキー」くらいで気長に待ちましょう。

関連コンテンツ広告の設置方法

関連コンテンツ広告の概要が分かったところで、
設置方法について説明させていただきます。

設置方法は以下の2ステップです。

  1. Google AdSenseで広告タグを取得
  2. WordPressで任意の位置に貼り付け

記事内の広告と違って
コードの書き換えもいらない単純作業です。

では、一つずつ解説していきますね!

Google AdSenseで関連コンテンツの広告タグを取得

まずはアドセンスから広告タグを取得します。

Google AdSenseの管理画面から
広告ユニット>新しい広告ユニットをクリック。

画面上部「新しい広告ユニット作成」の中にある
「関連コンテンツ」を選択しましょう。

関連コンテンツ広告の設定画面画像
Juri
Juri
関連コンテンツがまだ利用できない場合はユニットが出てこないよ!

画面が展開すると、
関連コンテンツの設定画面が表示されます。

関連コンテンツ広告の設定画面画像

「対象サイト」のURLが、
関連コンテンツを掲載したいサイトURLであることを確認しましょう。

右側の設定項目は以下の通りに設定をしていきましょう。

関連コンテンツ広告の設定画面画像
  1. 広告ユニット名:「関連コンテンツ広告」などと入力
  2. 広告オプション:ONにする

スタイルやサイズについては
こだわりがなければデフォルトのままでOKなので、
「保存してコードを取得」をクリック。

すると、
広告コードが表示されますので
これをコピーしましょう。

関連コンテンツ広告の設定画面画像

関連コンテンツのオススメの設置位置

関連コンテンツ広告のコードを取得できたら
自分のサイトへと貼り付けていきましょう。

オススメの設置位置はこちらです。

設置位置,写真

記事内広告とSNSのシェアボタンの下に
関連コンテンツ広告がくるように貼り付けていきます。

WordPressへ関連コンテンツの広告タグを貼り付け

広告タグの貼り付け場所については、
テンプレートごとに変わってきます。

自分の使用しているテンプレートに合わせて
設置位置を調べてみましょう。

Juri
Juri
基本は<body>内です。

私が知っているテーマの設置位置を
簡単に書いておきますね。

●JIN
ダッシュボード
→広告の設定
→【関連コンテンツユニット】に貼り付け

●賢威
→ダッシュボード
→外観
→テーマの編集
→個別投稿(single.php)
→ソーシャルボタンのコード※の下に貼り付け

※こんなコードです。
→<?php if (the_keni(‘social_post_view’) == “y”) get_template_part(‘social-button2’); ?>

  1. phpファイルをいじるのでバックアップをしてから行いましょう
  2. 親テーマの編集が不安な場合は子テーマをインストールしてから行いましょう

関連コンテンツに関する疑問

関連コンテンツ広告の貼り付けが終わったところで、
最後に気になるところや注意点を紹介させていただきます。

広告が表示されない?

関連コンテンツ広告のコードを設置して、
サイトを見ても広告が表示されていない!と焦った方もいるかもしれません。

反映には約1時間ほどかかると言われていますので、
あまり心配しないでも大丈夫です!

どうやら設置したばかりだと
通常の記事内広告と同じような見た目で
広告が表示されてしまう場合もあるようです。

もし1日とか2日とか、
長期間経っても表示されなかった場合は
コードが正しく設置されているかなどをチェックしましょう。

広告ラベルは必要あるの?

アドセンス広告では、
「スポンサーリンク」「広告」など
広告にラベルをつけること推奨されています。

「関連コンテンツ広告にはラベルは必要ないの?」
と疑問に思った方も多いでしょう。

結論から言うと、ラベル表示は必要ありません

関連コンテンツ広告では、
広告一つ一つに自動的にラベルが表示されているので
わざわざプラスで表示させないでも大丈夫です。

関連コンテンツ設置の注意点

最後に、うっかり見落としやすい注意点をお話しさせていただきます。

前半でもお話した通り、
私は関連コンテンツ広告をサイトに貼り付けていながら、
効果が出ない期間がありました。

単純な「うっかりミス」なので、
是非この記事を見ている方にも気をつけていただきたいです。

そのうっかりミスとは…広告オプションの設定し忘れです。

先ほど解説しました、
広告を取得するときのカスタマイズ項目にあった
「広告で収益化」を必ずONにしてください!

私はここがOFFになっていたため、
言葉の通り収益化されていませんでした…(涙)

しかもその期間に1日9万PVの大爆発があったので、
ONになっていたらどれだけ収益が違ったのだろうと後悔しました。

単純なうっかりミスで
大切な収益に取りこぼしがないようにしましょう!

広告オプション,写真

関連コンテンツ広告まとめ

「関連コンテンツ広告」は簡単に設置ができて
クリック率にも大きく貢献してくれます。

利用には条件もありますので、
条件をクリアしているか小まめにチェックをして
使えるようになったら即設置しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE