GoogleAdSense

Google AdSenseの審査用ブログの作り方【2019年】通過するポイントを解説

今回は、
Google AdSenseの審査用ブログの作り方
を解説させていただきます。

ブログの立ち上げができたら、いよいよ記事作成となります。

ただ、収益を発生させる広告を使用するには、
Google AdSenseの審査に通過しなければなりません。

この「審査に通過するためのブログ」は、
収益化のための「稼ぐためのブログ」とは作り方が少し違ってきます。

審査に通過するブログのポイントを
一つずつ詳しく解説していきますので、
ブログ作成に役立てていただければと思います。

Google AdSenseの審査って実際どうなの?

Google AdSenseの広告を使って収入を得るためには、
まず審査に通過しなければなりません。

Googleさんに、
「広告を使うに値するサイト」だと認めてもらわないと
収益化は始まらないのです。

しかも、
近年のGoogleさんはホイホイ簡単に
審査を通過させてはくれません。

しっかり作り込んだサイトでも審査に落ちたり…
逆に「え?これで?」というサイトが通過したり…

そう、Googleさんはとっても気まぐれなんです🙃

最近は1回、2回と審査に落ちる方も珍しくなく、
「絶対に受かる」という方法は存在しません

審査の時期によっても傾向が変わりますし、
Googleからも審査に受かるコツなども当然発表されていません。

そのため、現状できるのは
「審査に通過したブログのマネをする」という方法でしょう。

私はこれまで自分はもちろん、
コンサル生の審査通過も経験しています。

今回は、
その中で気をつけていたポイントなどを
紹介していきますね。

Juri
Juri
気をつけていたところは全て漏らさずお伝えしますので「ボリュームがすごい」と感じるかもしれません…!

ですが「落ちないブログ」を作れるように
一つずつお伝えしていきますので
参考にしていただければと思います。

2019年に審査に受かった私のブログの話

2019年にアドセンス審査に通過した私のブログから、受かるポイントを考えてみた。2019年4月に新しく作成したブログが Googleアドセンスの審査に無事合格しました。 これまで2017年、2018年と 審...

審査用ブログの作り方〜規約を把握しておこう〜

審査用の記事を書き始める前に、
まずはGoogle AdSenseの規約を読んでおきましょう!

Google AdSenseを利用する以上は、
決められたルールの中でサイトを運営する必要があります。

特にAdSenseプログラムポリシー禁止コンテンツについては
しっかり読み込んでおきましょう。

運よく審査に受かっても、
規約を知らずに違反内容が含まれた記事を書いて
アカウントが停止…なんて可能性もあります。

Googleのシステムを利用させてもらうからには、
ルールを理解して規約を遵守したサイト運営を心がけましょう!

審査用ブログの作り方〜サイトを整えよう〜

サイトを立ち上げる時に気をつけるポイントは7つです。

基本的に、デフォルトのままというのは
「最初から手をつけていない状態」と判断されやすいようです。

テンプレートやヘッダー画像を変更して
独自性のあるサイトを作っていきましょう。

また、プライバシーポリシーやサイトマップの設置など
基本的なものも忘れないようにしましょうね!

独自ドメイン

Google AdSenseの審査は、
独自ドメインのサイトでないと申請ができません。

無料ブログはもちろん、
サーバーの初期ドメインの状態もNGです。

このブログの解説通りに進めていただいた方は、
普通にエックスサーバーやお名前.comなどで
独自ドメインを取得しているかと思いますので問題ありません。

これからサーバーと契約するという方は
以下の記事を参考にしてみてくださいね。

ドメイン,画像
エックスサーバーでドメインを取得しサーバーと紐付けする方法を解説!WordPressでブログを立ち上げるには、 まずははじめに以下の6つの作業が必要です。 サーバーの契約 ドメイン...

テンプレートはデフォルト以外に

テンプレートがデフォルトのままだと
”初期状態のまま”と見なされやすいので、
変更しておくことをオススメします。

有料・無料は問いません。

スマホやPCの端末に応じて
サイトの表示の仕方を変えてくれる
「レスポンシブ対応」のものを選びましょう。

オススメはJIN、ハミングバード、賢威あたりです。

値段はお高めに感じるかもしれませんが、
一度ダウンロードしておけば
複数のブログに使用することができるので
長い目で見たらそんなに高くはないと思います。

スタート,画像
WordPressブログを立ち上げたら最初にすることは?初期設定を解説!WordPressでブログを立ち上げるには、 以下の6つの作業が必要です。 サーバーの契約 ドメインの取得 ...

1つのテーマに特化したブログに

審査前ブログのジャンルは
1つのテーマに特化したものにしましょう。

1つのブログに
恋愛、グルメ、英語勉強法…などと
詰め込んでしまうと方向性がブレてしまいます。

テーマは一つに絞ることをオススメしています。

趣味系だったらグルメ、旅行、語学…
ライフスタイル系なら結婚生活、会社員、地域情報…

などなど、記事ネタにつまりにくい、
自分が書きやすいテーマを選びましょう。

テーマが決まったら
サイトのタイトルやプロフィールも
それに寄せた内容にしていきましょう。

ちなみに私自身は、
2017年、2018年、2019年と
AdSense審査に一発で受かっておりますが、
その時は湘南のグルメや子連れスポットなど
地域お役立ち情報で攻めまくりました。

もう記事は削除済みなので
記事自体は紹介できません…あしからず!

グローバルメニューを設置

グローバルメニューには以下のメニューを設置しましょう。

  1. お問い合わせフォーム
  2. プライバシーポリシー
  3. サイトマップ(目次)

これも絶対の正解はありませんが、
私はこの3つは必ず設置するようにしていました。

プラスで管理人プロフィールなどが
あってもいいと思います。
(私はなしで受かっていますが、受かる要素を増やすため)

contact,7,画像
WordPressでお問い合わせフォームを作成するプラグインContact Form 7の設定を解説健全なサイト運営をするためには、 お問い合わせフォーム(コンタクトフォーム)の設置は必須です。 しっかりと目につくところに設置し...
WordPressで特定商取引法とプライバシーポリシーを設置する方法を解説こんにちは! 今回は、WordPressで特定商取引法の表記とプライバシーポリシーを設置する方法を解説させていただきます。 ...
map,画像
PS Auto Sitemapの代替プラグインWP Sitemap Pageの設定と使い方を解説!Googleアドセンスの審査通過には、 HTMLサイトマップの設置が必須と言えます。 HTMLサイトマップとは、 サイト内に存...
menu,画像
【賢威】WordPressトップページのメニューバーに固定ページを表示させる方法こんにちは! 前回の記事を見て「Contact Form 7」でお問い合わせフォームは作成できましたでしょうか? 今回はその...

サイドバーを設置

サイドバーというのは、
サイトの横側に設置される項目のことです。

サイドバーは
ダッシュボードの外観→ウィジェットから
簡単に設定できますので、
ユーザーの使いやすさを意識した項目を設置していきましょう。

設置項目については、

  1. 検索ボックス
  2. 管理人プロフィール
  3. 人気記事
  4. 新着記事
  5. アーカイブ
  6. カテゴリー

こんな感じでサイトの右側に設置しておくと便利です。

サイドバー,写真

運営者情報(プロフィール)は
上の方の目立つ位置に設置しておくのがオススメ。

プロフィールはハンドルネーム、
画像はフリー素材でOKなので、
サイトのテーマと合わせて設定しましょう。

プロフィールに
テーマと関連性のある言葉が何もないのはよろしくないです。

健康なら健康、グルメならグルメ、などと
「なんのブログを書いている人なのか」
一目で分かるような自己紹介文だといいです。

WordPressでプロフィールをサイドバーに表示させる方法を解説するよ!トレンドブログでも情報発信ブログでも、 運営者の情報が分かるプロフィールは必要不可欠です。 クリーンなサイトを運営するためには、...

カテゴリーは3つ程度設置

サイトのカテゴリーの数は、
3つ程度設定するのが良いとされています。

多すぎてもサイトのテーマがブレてしまうので、
多くても4つ程度にしておきましょう。

例)
サイトタイトル:湘南のグルメとイベントを愛するJuriのブログ
カテゴリ:グルメ、イベント情報、人気スポット

今ザッと考えてみた内容ですが…
こんな感じでタイトルと関連性のあるカテゴリが望ましいです。

カテゴリーが決まったら
バランスよく記事を書いていきましょう。

どれかのカテゴリーだけに
記事が偏ってしまうのはNGです。

ヘッダー画像は独自のものを

design,画像

もしブログのヘッダー画像を設置する場合は、
オリジナルで作成しましょう。

別に写真を撮ってきたり
絵を描いたりする必要はありません。

フリー素材で適当なものを選んで
ブログのタイトルを入れ込めばOKです。

画像の文字入れやサイズ変更は
「Photo Scape」などの画像編集ソフトを使えば
3分もあれば作れちゃいます。

そこまでこだわる必要はありませんが、
デフォルトのままはよくないのでパパッと作っちゃいましょう!

Juri
Juri
私は2019年の審査はヘッダー画像なしでも通過しました。
サイトのコンセプトに合った記事がちゃんと書けていれば、ヘッダー画像はそこまでこだわらなくても大丈夫そうです。

審査用ブログの作り方〜記事を書こう〜

サイト周りの整備が整ったら、
早速記事を書いていきましょう。

「記事を書くと言っても…何を書けばいいの?」
と初心者の方がまず疑問に思うところなので、
ここも細かく説明していきますね!

Google禁止コンテンツポリシーの遵守

一番初めに規約について説明しましたが、
大事なことなのでここでもう一度入れておきました。

良かれと思って書いた記事が
禁止コンテンツに該当していた、ということは珍しくありません。

  1. ダイエット系の記事で未承認の医薬品やサプリメントを紹介していた
  2. 記事中に入れたフリー素材の画像に水着の女性の画像があった
  3. 自分が好きなお酒の記事を書いていた
  4. 子育てブログの中で妊娠・出産を扱う記事があった

こんな感じで知らず知らずのうちに
禁止コンテンツに該当する記事を書いてしまい
審査に落ちてしまう方も…

これはしっかり規約を読めば防げることで
非常に勿体ないところです。

また、直接該当してなくても
禁止コンテンツが連想される表現など
「グレーゾーン」となる場合もあります。

カスったくらいの内容でアウトとなることもあるので、
これはもう「怪しい」と思ったら書かないのが一番です。

ということで、禁止コンテンツには細心の注意を払っておきましょう。

記事のタイトルは32字程度

これは特に決まりではないのですが、
記事のタイトルは32文字程度にしましょう。

なぜかというと、
Googleの検索画面に表示された時の
タイトルの収まりが32文字でちょうどいいんですよね。

審査通過後は、
基本的に32文字程度の文字数で
タイトルを作っていくようになります。

その練習のためにも、

  1. 32文字程度で
  2. 何についての記事なのか分かりやすくて
  3. 疑問解決やお役立ちの内容で
  4. 思わず開きたくなる

こんなタイトルを作る練習をしておきましょう。

ブログを始めたばかりの方は、
ついつい短いタイトルにしがちで、
長いタイトルを考えるのが難しいかもしれません。

そういう場合は大抵
タイトル内容がざっくりしすぎている
ということが多いです。

●OK例
「湘南の美味しいお店まとめ!」

●NG例
「湘南で肉汁たっぷりの美味しいハンバーガーが食べられるお店5選を紹介!」

内容を絞るというのは
わかりやすいタイトルを作ったり
独自性の高い記事を書くのに
有効的な手段だと思います。

文字数は適切な情報を伝えるのに適した量

文字数の少ないスカスカブログよりも、
内容も充実していて文字数も多い記事の方が
もちろん評価は高いです。

Googleが文字数基準を設けている訳ではなく、
有益な情報を届けることを考えると
あまりに少ない文字数だと
価値が低いと判断されやすくなります。

「読者の役に立つ情報」を意識すれば
1000文字は余裕で超えてきます。

「え…1000文字とか無理無理無理( ゚д゚)」
と思うかもしれませんが…そんなこともありません。

3つの項目に分ければ
1項目あたり300文字程度なので
そう考えると大したことないです。

私は審査用ブログの記事は
だいたい1200文字くらいで書いていました。
(多いときは2800文字くらい)

ですが、
大して中身のないことを3000文字とか書いても
全く意味ないしかえって逆効果です。

自分がその記事に興味があった読者だったとしたら、
どの程度の内容とどの程度のボリュームなら満足できるか…
というところがポイントです。

誤字脱字に気をつける

これは決まりでもなんでもなく初歩的な話ですね。

誤字脱字があまりにも多い記事の質というのは…言うまでもありません。

読みやすさに配慮する

ただ文字を書けば良いというものではありません。

あくまで読んでもらうための記事です。

  1. 適度な改行
  2. 適切な見出しの使い方
  3. 適度な画像の量
  4. 適度な文字装飾

この辺りを駆使して、
読みやすさを意識してみてください。

プレビュー画面でチェックしながら編集すると、
実際に記事を読んだ読者目線になることができるでしょう。

コピペやリライトは絶対NG

記事を書く上で、
他のサイトからのコピペは絶対NGです!

これは審査前も審査後も同じです。

「あまり目立たないサイトからなら平気でしょ( ̄▽ ̄)」
なんて思っているなら、それは大きな間違いです。

コピペは一瞬で見破られます。

ただ、書いている内容自体を持ってくるのはOKです。

例えば…子供の夜泣きに関する記事の情報を集めていて、
「子供が泣きやまない時はビニール袋が使える!」
という内容のブログがあったとします。

その場合は、
「ビニール袋を使えば子供が泣き止む」
という情報自体を使うのはOKです。

ここに自分の経験や調べた情報などをプラスすると…

赤ちゃんが泣きやまない時の裏ワザは…ビニール袋!

ビニール袋のカサカサ音を耳元で聞かせると、
ピタッと泣き止むという方法があります。

これは、ビニール袋のカサカサ音が
お母さんの体内音に似ているからと言われています。

※ただし、赤ちゃんが目を離した隙に
ビニール袋で遊ばないように注意しましょう!
(窒息の恐れあり)

こんな感じにもできます。

文章自体をコピペするのはNGですが、
書いてある内容自体を情報として使うのは問題ありません。

コピペや引用はせずに、
自分の言葉で書いていきましょう。

画像はオリジナルorフリー素材

たまに「画像の使用NG」という情報もありますね。

しかし、私もコンサル生の方も
画像を使って審査通過しているので
使用NGということはありません。

画像がある方が分かりやすいですし、
読みやすい記事になりますよね。

文字数が多ければ、
1つの見出しにつき一枚のペースで
使うくらいでも良いと思います。

ただし、芸能人の画像などや、
著作権に引っかかる画像はNGです。

自分が撮影した画像で全てを賄うのは難しいでしょうから、
フリー素材を使用することをオススメします。

参考サイト

1記事ごとにアイキャッチ画像を設定する

記事の投稿画面では、
アイキャッチ画像を設定することができます。

アイキャッチ画像とは、
こんな感じ↓でトップページに
記事のタイトルなどと一緒に表示される画像のことです。

アイキャッチ画像,

子育てについての記事なら親子の画像だったり、
ヨガについての記事ならヨガをしてる人の画像など…
関連性のある画像を選びましょう。

この辺もフリー素材で良いので設定しておくと良いでしょう。

他社広告はNG・外部リンクは◯の傾向に

審査前の記事については、
アドセンス以外の広告を貼るのはNGです。

審査後についてはOKなので、
審査前だけ気をつけておきましょう。

また、外部リンクを貼ることについては、
これまでNGとされていましたがそんなこともないようです。

私もコンサル生も
外部リンクを貼ったサイトで普通に合格しています。

読者に有益な情報を届けることを考えたら、
お店のURLなどは当然あったほうがいいですよね。

読者の役に立つ情報量を

記事の書き方についての解説をしてきましたが
一番大切なのは…

「読者の役に立つ内容&情報量」があることです。

自分の日常を書き続けるようなブログは
Googleから見ても価値が低いです。

テーマを決めたら、
そのテーマに興味のある読者が満足する内容であるか
ということを意識して記事を書いていきましょう。

見出し2も1つの記事につき3つか4つは作っておきたいですね。

子供の夜泣きについての記事だったら、
NG例とOK例はこんな感じ。

●NG例
タイトル:2歳児の夜泣きを止めるのに効果的な方法をまとめて紹介します
見出し:夜泣きを止める方法を調べてみた
見出し:まとめ

●OK例
タイトル:2歳児の夜泣きを止めるのに効果的な方法をまとめて紹介します
見出し:子供の夜泣きの原因
見出し:一般的な対処法(年齢別)
見出し:私が試して効果的だった方法
見出し:2歳児の夜泣き防止方法まとめ

こんな感じで、
お役立ち情報+自分の感想や意見などがあると良いでしょう。

読者もわざわざ時間を作って記事を読んでいるのだから、
有益な情報がある記事を読みたいですよね。

逆に、情報があまりにも少なかったり、
ソースのない自分の憶測だけの内容では
ガッカリするかもしれません。

そう考えると、
1000文字書いても足りないくらいですね。

情報量というのは記事の内容にもよりますが、
まずは大前提として「読者の役に立つ内容」を意識しましょう。

審査用ブログの作り方〜記事の更新について〜

記事の書き方が分かったら、
次は更新についての情報です。

これも決まりではありませんが、
これまでの合格例を元にお話ししていきます。

総記事数は5〜10記事程度

審査に出すまでに
5〜10記事くらいは書いておくといいです。

これまでは10記事以上がマストみたいな感じでしたが、
最近は質が高ければ少ない記事数でも通過しやすくなっています。

ちなみに私は2019年は6記事で審査に出して合格しました。

各カテゴリへの配分などを考えて、
5〜10記事くらい溜まったら審査に申請してみましょう。

審査中も記事更新を続ける(できれば)

「審査申請終了〜!更新終わりっ!」
と言いたくなりますが…(笑)

できれば!
審査中も記事更新を続けてください。

最近は、審査申請後の更新なしでも
合格したというケースもあります。

なので「念には念を入れたい」という方は
申請後も更新しておくといいです。

Google Adsenseに審査申請をしよう

記事が溜まってチェックが終わったら、
Google AdSenseに審査の申請をしましょう。

ここまで審査に受かるためのポイントを
いくつか紹介させていただきましたが…
それでも落ちることはあります!

(´;ω;`)

最近は1回、2回、と審査に落ちるのも珍しくありません。

もし審査に落ちたら、再審査が可能です。

審査に落ちても今や普通のことなので、
そんなに落ち込まずに再審査に頭を切り替えていきましょう。

同じブログで再審査を出す場合は、
2週間ほど期間をあけた方がいいと言われています。
(Google AdSenseのヘルプフォーラムにも書かれています。)

ただ、すぐに審査に出して受かった
というケースも存在していて、
「2週間って言われているけど私は大丈夫だったからあんな情報嘘!」
みたいな声も聞きます。

なにせGoogle先生の気分なので、正解はありません。

出来るだけ「落ちる要素」を最小限にして
申請に出すことを意識しましょう。

Juri
Juri
幸運を祈ります!

Google AdSense審査用ブログ作成方法まとめ

2018年頃は審査が厳しくなりましたが、
最近また少し緩くなってきているような気がします。

ポイントとしては、
質が重視されているということですね。

以前は15記事とか20記事書くのがデフォでしたが、
最近は5記事とかでも受かるケースが増えています。

それは、
数で押し切るのではなく、
1記事ずつの質を上げることが大事と言えます。

ぜひ、役に立つを読者に適切な情報量で
届けることを意識していきましょう。

この記事を読んだ方が
全員無事に審査に合格しますように!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE