イベント参加レポート

【#CAST】坂本陸さん&ノジーさんのセミナーに参加して学んだことと感想〜前半〜

1月26日、私が参加しているコミュニティ「#CAST」のセミナーに参加してきました。

今回の講師は「#CAST」を運営するノジーさん、そして坂本陸くんです。

お二人からは「デザイン」をテーマとして情報発信起業のアウトライン考え方についてのお話がありました。

今回は、ノジーさんと坂本陸くんのセミナーから学んだことや感想をお届けします^^

少々長くなりますので、前半と後半の2記事に分けてお話しさせていただきます!

まずは、前半の坂本陸くんパートをお送りします。

坂本陸さんセミナー〜DESIGN SEMINAR〜

陸くんのセミナーでは、ビジュアル的なデザインのお話だけでなく、もっと抽象的な「デザイン思考」についても学ぶことができました。

陸くんは、私が所属させていただいているコミュニティ「#CAST」、それから「マルエン」のメンバーさんで「familia」というコミュニティを主催しています。

個人メディア運営、コンサル、企業とのお仕事、そしてよさこいのメディア運営など…非常に幅広く活躍されています。

陸くんの作ったサイトは、デザインからコピーまで全てにおいてセンスが良くて圧倒されますが、ご本人は本当に物腰が柔らかくて人柄が良くて、一度喋ると一気に大好きになっちゃうような人間性をお持ちです^^

そんな陸くんからは「個人ビジネスにおけるデザインへの考え方」についてのお話がありました。

個人ビジネスにおいて、デザインってめちゃくちゃ大事だけど、どうやって学べばいいか分からないという部分も大きいと思います。

  • デザインって何を大事にしたらいいの?
  • 何をどうやって参考にすればいいの?

そんなデザインの基本的な考え方について、陸くんの解説から学んだことをお話しさせていただきます!

自分が思い描くデザインを作る

セミナーの一番最初に、陸くんからはこんな言葉が投げかけられました。

陸くん
陸くん
あなたにとっておしゃれなデザインって何ですか?

まずは、これを考えてみましょう!

おしゃれの尺度は人それぞれ

おしゃれなデザイン…う〜ん、何があるだろう。

私の頭に思い浮かんだのは、2つのサイトでした。

Juri
Juri
AUNTIE ROSA HolidayBILLA BONGかな!

私はこのサイトの一つ前のデザインは、ファッションサイトを参考にしていました。

ヘッダーのイメージはAUNTIE ROSA Holiday、サイトタイトルの文字フォントはBILLA BONGを参考に。

zerokara,画像海の香りがするデザイン&白をベースにしたシンプルなデザインが好みです。

このデザインについては、私と同じように好みだと思う方もいれば、ダサいと思う方もいるでしょう。

そう、おしゃれの価値観って人それぞれなんですね。

デザインは「客観」ではない

おしゃれの価値観が人それぞれだからこそ大事なのが「自分の主観」です。

”なんとなくみんなに好かれるデザイン”は、人の心にグッと刺さるものにはなりにくいと言えます。

確かに、誰から見てもいい感じのデザインって、嫌われない代わりに熱狂的なファンは生まれにくいかもしれません。

個人ビジネスを行なっている私たちは、やっぱり熱のあるファンを作り、空間を一緒に作り上げていくことを大事にしたいです。

つまり、大衆に「合わせに行く」よりも、自分の「好き」を徹底的に追求することが大事になってくるんですね。

客観的に見て不快でないとか、ダサくないかを無視していいかという問題ではなくて、

客観に寄りすぎて「誰にも響かないデザイン」になってしまうならば、主観を追求して自分の「好き」を形にした方がいいということです。

まずは自分の好きなサイト、デザイン、コピーをとにかく集めまくって模倣することから始めてみましょう!

ノジーさんが補足で仰っていましたが、「好き」だけでなく「嫌い」も追求すると良いとのことでした。

自分の「好き」と「嫌い」が分かったら、今度はそれが「なぜなのか」を追求することが大事なんだそう。

  • 自分の好きと嫌いを探す
  • なぜ好きなのか?なぜ嫌いなのか?を考える

まずここからなら誰にでも始められそうですね!

自分が思い描く世界観を作る

「好き」を追求して自分が思い描く世界観を作る中で、どんなことを意識していけば良いのでしょうか?

ここでは、陸くんからがあげていた3つのポイントを紹介させていただきます。

①自分が好きな世界観をまずは意識する

主観を通じた世界観作りを意識するだけでも、自分の「ブランド作り」に繋がっていきます。

「自分のブランドっていっても…表現したいものが分からない!」

という方は、まずは自分の好きを追求してみましょう。

主観を徹底的に掘ることで、

  • 自分は何を大事にしているのか
  • 自分の譲れないポイント

そんなコアな部分も見えてくると思います^^

②自分が好きなものは、だいたい自分に近い人も好き

友人との関係でも、趣味やファッションの好みが近い人=性格や考え方も似てるってこと、よくありますよね^^

例えば、情報発信をしてコミュニティを作りたいと思ったら…なるべく自分と深い部分の考え方が似てる人を集めたいですよね。

同じ自分に近い属性の人を自然に集めるためには、デザインも自分の好きを形にすることが大事なんですね。

③デザインに「正しい答え」はない

おしゃれが人それぞれ違うように、デザインに正解はありません。

ですから、客観的な答えを求めすぎると終わりがないんですね。

だったら、自分の好きな世界観を追求した方が絶対的に楽しいはずです。

そんなポイントを押さえた上で、陸くんが掲げた今日のゴールはこちらです。

「おしゃれなデザイン」ではなく、

「自分の軸があるデザイン」を思い描き、

それを実現するスキルを身につけること。

「自分の軸」と考えると、単に見た目がいいとかだけでなく、そこにある”意味合い”に熱くなれるものというが大事なのかもしれませんね。

女性,画像

時代性とデザイン思考の話〜何でデザインは大事なのか〜

続いては、今の時代性とデザイン思考を結びつけたお話です。

ここでは、現代の時代性を捉えて「人々がどんなデザインに熱狂しているのか」という解説などがありました。

「熱狂」を生み出すビジネススタイル

最近は「熱狂」が一つのキーワードになっていますね。

現代はただの共感ではモノが売れない、ファンが作れない時代になりつつあります。

確かに、人に親近感を覚えたり、興味を持ってもらえるのには共感というポイントも大事です。

でも、それだと相手と自分の間の壁ってなかなか無くなりません。

「あ〜分かる!共感するわ〜」

これだけで終わりなんですよね。

イイね!押して、他の人のツイートに流れていくだけです。

そこで必要な要素が「熱狂」なんですね。

「共感」が「共鳴」となり、そして「熱狂」になることで、

  • 「私もこの人の作り出す空間に入ってみたい!」
  • 「この人と一緒に歩いてみたい」

と、見ているだけの存在ではなく、その世界に一緒に入っていきたいという気持ちになれます。

現に、今ってミュージカル映画が流行ったり、応援上映なるものが存在したり、その世界に入り込めるモノが売れていますよね。

「ボヘミアンラプソディー」なんかまさに熱&狂です^^

自分を別の世界に連れていってくれるモノ、自分が生きている世界と違う世界を見せてくれるモノが魅力的だと感じる人が増えているのです。

ですから、下手に共感を狙ったものよりも、しっかり自分の考えやコンセプト、世界観で人々を巻き込んでいく方が今の時代性に合っていると言えます。

傍観者ではなく共犯者になってもらうために、参加感や臨場感を高めて、「一緒に」ブランドを作っていく世界を作ることができれば..そこに熱狂を巻き起こせるのでしょう。

fire,画像

インフルエンサーが語る時代性の話

陸くんは、時代性を捉えるためにインフルエンサーの発信をかなりチェックされていました。

その中で今大事にされているのは、やはり人間関係についてなんだそう。

対立ではなく共存という価値観や、一緒に作り上げる感覚というものが支持されてきているのだとか。

確かに、ちょっと前までは「Aじゃない人はB」みたいな感じで、意見が違えば反対側のグループに入れられるような対立の図式があったと思います。

「共感できる方を支持する」みたい感じで。

でも、今は比較的いろんな意見を取り入れながら共存していく考え方に人々が流れています。

自分の価値観を押し付けるよりは、別の価値観を受け入れたり、相手に考える余裕を残した発信が受けていれられてきています。

確かに、完全に価値観が一致しなくても受け入れてもらえる環境の方が足を踏み入れたくなりますよね。

ただ、本当に色々な人が集まりすぎちゃったらどうでしょうか。

むやみやたらに全てを受け入れるのではなく、奥にある芯の部分は繋がっている必要があると考えられますよね^^

だから、どんな時代であれ自分の発信には理念をしっかり持つことが大事なんですね。

「自分が」心躍るものを作ろう

今の時代性を捉えていくと、

  • 感動
  • 熱狂
  • 共創

が大切になってくる。

でも、それってどうやって生み出せばいいのでしょうか?

相手の心を動かすために必要なものってなんでしょうか?

そこで大切なのが、先ほど出てきた「主観」です。

・主観的に「心が動いた」と思えるものを大切にする

・とにかくテンションの上がるデザインを心がける

やっぱり、自分が感動しないもので他人を感動させることはできません。

自分が心から「良い!」「好き!」と思えることや世界観を形にしていくことで初めて、誰かの心を揺さぶることができるのでしょう。

どんなに良いことを言っていても、サイトがださかったら冷めちゃいますよね(笑)

自分の「好き」という感覚を指針に、自分で大好きだと思えるメディアを作り上げていきましょう!

実践的なデザインテクニックの話〜どうデザインに落とし込んでいくか〜

後半では、実際に自分の「好き」を見つけて、どうやって表現していけば良いのかという実践的なお話がありました。

センスのあるデザインに定評のある陸くんが、普段どんなインプット&アウトプットを行なっているのかを解説してくれました。

今からでも始められる、とても参考になる内容となっていますよ〜^^

「好き」を見つけるためのインプット方法

まずは、自分の「好き」をインプットするときに大事なことを知っておきましょう。

セミナーの中で出てきた「自分の好きなものを見つける方法」はこんな感じでした。

  • とにかく外のものに触れる
  • 好きな人が紹介しているものを見てみる
  • 好きな要素・嫌いな要素に気づく
  • 好みが近い人に聞く

まずはインプットの量を増やすことですね。

センスの良い方というのは、みなさん総じてインプット量が圧倒的です。

それは「自分の中だけで生み出そうとしない」という考え方が根本にあるのでしょう。

とにかく外にあるものに触れて、自分の「好き」に出会いましょう。

そして、好きなものが溜まってきたら、今度はその共通点を探してみることが大事です。

「何でこれを好きだと思うのか?」を掘り下げて、「好き」の奥にあるものを見つけにいきましょう。

それでは実際に、陸くんが普段から実践しているインプット方法に触れていきたいと思います^^

Pinterestで圧倒的な量のインプットを

Pinterestとは、Webサイト上にある画像を集めてブックマークできる写真共有ウェブサイトです。

とにかく素材の量が圧倒的なので、見まくって、見まくって、自分の「好き」をインプットしていきましょう。

Pinterestには検索機能があるのですが、これがかなり細かく検索しても何でも出てきます。

バナー、LP、アイキャッチ、画像加工、プレゼン、ボタンと言った素材に関したものでもOK。

地名でも、形容詞でも、色やイベント名でも何でもOKです。

コツとしては、しっかり絞り込むことです。

「可愛い」だけだといろんな種類があるので、

  • ポップ
  • パステル
  • シンプル
  • レトロ
  • キッチュ

などと絞り込むことができると、自分の好みがピンポイントで出てくる可能性が高いです。

Pinterestは、とにかく色々なデザインを見るためのものとして有効活用し、自分の心躍るデザインの引き出しを増やしていきましょう!

pinterest,画像
Twitterで口コミインプットを

Twitterと聞くと、あまりデザインのインプットをするイメージが湧きません。

でも陸くんはTwitterはかなり使えると話していました。

Twitterでは、自分が好きな人や好みが近い人がオススメしているものをひたすらチェックするのが大事なんだとか。

「自分の好きな人が好きなもの」をチェックすることで、自分の「好き」に出会えるということですね。

でも、Twitterでは常に多くの情報が流れているので、もしかしら一瞬のうちに「好き」を逃しているかもしれません。

そんな時は、好きだと思う人を通知設定しておくことで、発信を逃さないようにしておきましょう。

また、「好き」を深掘りするためには自分の好きなものを紹介することも有効なんだとか。

紹介するということは言語化すること、つまり、好きだと思った理由を深掘りすることができるんですね^^

確かに、好きな人のことを人に話しているうちに、改めてその人の魅力に気づくことってありますよね。

Twitterも使い方ひとつを工夫すれば、自分の「好き」を見つけるツールになるということです。

phon,画像

「好き」を表現するためのアウトプット

続いては、インプットしたものをアウトプットする作業です。

自分の「好き」が分かっても、それを形にしなければ意味がありませんね。

陸くん流のアウトプット方法はというと…

  1. 「デザインアナリティクス」で好きの理由を分析
  2. Chromeのディベロッパーツールでとことん検証

という流れでした。

この単語だけでは何のことだかなかなか分からないと思いますので(私は全く分かっていなかった)解説に入っていきます^^

デザインアナリティクスで徹底的な深掘り

デザインアナリティクスとは、陸くんが作った造語らしいのですが、簡単にいうと「なぜ好きなのか?を分析する」という作業のことだそうです。

例えば、自分が惹かれるサイトがあったとします。

ただその参考材料を見るだけなのではなく、

  • 文字のフォント、サイズ、配置、大文字、小文字
  • 使用してる画像、イラスト、モデル、背景色
  • キャッチコピーの内容、言い回し

…などなど、とにかく細かいところまで分析をしていきましょう。

ただサイトを眺めているだけだとアイディアは生まれにくいですが、こうして細かい分析を繰り返していけば、必ず共通点が見つかってくるはずです。

自分の心で良いと思っているものを実際に細かく書き出していくことで、「好き」を形にする再現度がグッと上がるということですね!

ディベロッパーツールで検証

ディベロッパーツールとは、Googleクロームには備わっている検証機能のことです。

自分のブログや他人のサイトのHTMLやCSSコードをチェックしたり、書き換えて表示の変化を検証することができます。

これを使えば、いきなりコードを書き換えてサイトが真っ白になるという危険性も低いというわけです。

実際にここで変更するわけじゃなくあくまで検証機能なので、人のサイトのコードを参考にしたり、変化を試すこともできるんです。

とにかくめちゃくちゃ便利な機能なんですね。

使い方としては好きなサイトのフォントやデザインがあったら、

  1. 参考サイトのCSSをディベロッパーツールからコピー
  2. 自分のサイトへの反映チェック

という流れで、好きなデザインを実際に反映させたらどうなるのかを検証してみましょう。

Macなら、検証したい画面上で右クリック→検証で検証画面が開きます。

ディベロッパーツール,画像ここから先の細かい説明などはしませんので、各自頑張ってみてください!(完全な力不足です…)

CSSと聞くとやっぱり難しいイメージしかありませんが、陸くんもとにかく検証しまくることで慣れてきたんだとか。

ディベロッパーツールはあくまで検証機能なので、いくらでも失敗ができます。

実際に反映されないと分かれば、安心して色々試せますよね^^

CSSの苦手意識がある方は多いと思いますが、まずは検証機能からチャレンジしてみましょう!

アウトプットとインプットを循環させよう

自分好みのデザインを実現させるのは、インプットとアウトプットどちらも欠かすことができません。

インプットをしても形にしなければ意味がないし、良いアイデアがなければ良いアウトプットもできませんね。

自分の「好き」をとことん探る→「好き」の理由を言語化して検証する

この作業を繰り返して、自分の好きを形にしていきましょう。

陸くんは、インプットとアウトプットに関してこんな素敵な表現をされていました。

陸くん
陸くん
試行錯誤と失敗の数だけ引き出しが増えるし、表現できるデザインの幅が広がっていく!

この言葉を胸に、私もデザインセンスを磨くべくインプットとアウトプットを繰り返していこうと思います!

個人ビジネスにおけるデザイン

最後に、陸くんから「個人ビジネスにおけるデザイン」ということで、改めて3つのポイントが紹介されました。

  1. 究極的に自分の「主観」で考える
  2. まずは好きなものを好きなように表現する
  3. 「センス」「客観」「一般論」に左右されない

セミナーの最初にもこのメッセージが出てきたのですが、多くの情報を受け取ってから改めて聞くと、さらに深みがあるように感じました。

後半のディベロッパーツールなどは難易度が少々高いかもしれませんが、それまでの方法は誰でもやる気さえあれば取り組めることだったと思います。

まずは自分を深掘りするところから、一歩ずつ進んでいきましょう!

セミナーに参加した感想

デザインのセミナーってなかなかないので本当に楽しみにしていたのですが…とても勉強になりました!

デザインを考えるとき、自分の中からアイデアが出てこなくて悩む方も多いと思います。

でも、アイデアは自分の外からインプットしてきた方が簡単ですし、新たな発見も多いはずです。

自分の頭の中には自分がこれまで得たインプットからのアイデアしかありません。

インプットをしまくれば、どんどん新しい情報を得ることができます。

そして、集めてきた自分の「好き」細かく分析をして、反映させて形にする。

難しい錬金術のように思えますが、ひとつひとつはすごくシンプルでしたね。

そんなセミナーで、陸くんのセンスは圧倒的なインプットと作業量から磨かれたものなんだなあと気づかされました。

私は自分の頭の中での引き出しやセンスが足りないと思っていましたが、それはインプット量が足りないだけなんだと。

同時に、それってすごくありがたいことだなとも思いました。

だって、才能がなくても努力次第でレベルを上げることができるんですから。

私たちの行なっているビジネスは、もともと持っている能力よりも、当たり前を当たり前にやるだとか、誰でもできることをやるだけでもアドバンテージになります。

その中で、誰でもできることを誰にもできないくらいやり込めれば、オンリーワンの価値になるんだと思います。

自分にしかできないシゴトを生み出すために、誰でもできることをひたすらやり込んでいきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE