イベント参加レポート

【#CAST】ノジーさん&Hitomiさんのセミナーに参加して学んだことや感想〜後半〜

11月17日に参加した「#CAST」のセミナーレポートの後半です。

今回の講師は「#CAST」を運営するノジーさん、そしてHitomiさんです。

セミナーのテーマは「マーケティング・デザイン」でした。

お二人の講義から学んだことや感想をお届けします^^

少々長くなりますので、前半と後半の2記事に分けてお話しさせていただきます!

前半はこちら→【#CAST】ノジーさん&Hitomiさんセミナー参加レポート〜前半〜

ノジーさんセミナー〜MARKETING DESIGN〜

ノジーさんのセミナーでは、これからの時代ビジネスをしていく上で必要な要素を教えていただきました。

前半のHitomiさんパートではカスタマージャーニーや時代背景の流れについて基礎的なお話がありました。

後半のノジーさんパートは、そこからさらに踏み込んで「じゃあどんなことをしていけばいいのか?」というとこをを広げた部分に入ります。

情報発信を初めて数ヶ月しか経っていない私にはドンピシャな内容でした^^

それから、私は”THE・ネットビジネスっぽい情報発信”が苦手なのですが(笑)

その辺についても解説があるので…

「発信はしたいけど、”THE・ネットビジネス!”って感じは苦手なんだよなあ〜」という方はぜひこのレポートを読んでいただければと思います^^

それではごく一部にはなりますが、#CASTセミナーの後半パートをお届け致します!

ネットビジネス的情報発信の問題点

タイトルがクスッときますね(笑)

まず「ネットビジネス的」ってどんなものだと思いますか?

私も、このタイトルを見たときに「ネットビジネス的」ってどんなものだろうと考えました。

そこで浮かんだのは…

  • ライフスタイルや心の充実よりも稼ぐことメインな感じ
  • お金持っている人=偉い感がある
  • ギラギラしてる(笑)
成金,写真

(あくまで私の感想です)

ノジーさんは「ネットビジネス的情報発信」というものの特徴として、まずこの2つをあげていました。

実績至上主義的

ノウハウ至上主義的

私のさっきのイメージが恥ずかしくなりますが(笑)お金や稼ぐことがメインな雰囲気というのが「実績至上主義的」に繋がっているのかもしれません。

最近は、”稼ごう系”よりも”ライフスタイルの提案型”の発信などが主流な感じですが、まだまだ実績やノウハウ至上が主軸のネットビジネス的発信も見かけますよね。

では、この「ネットビジネス的情報発信」にはどんな問題点があるのでしょうか?

#CASTのメンバーからはこんな意見が出ていました。

長い付き合いにならなそう

取って代わられてしまう

発信者が自分でなければならない理由がない

稼ぐのは手段だからその先の目的が見えてこない

私はこの中の「取って代わられてしまう」という言葉にすごく共感しました。

例えば、「月収100万円を稼げるノウハウ」を主軸に発信をしていたとします。

理念や自分の考え方、ライフスタイルの提案をせずにノウハウや実績のみを押し出して集客をしても、最初はたくさんのクライアントさんが集まるかもしれません。

しかし、「月収150万円」「月収200万円」という自分より実績が上のライバルが現れた瞬間、クライアントさんはみんなそちらに流れてしまうでしょう。

数字というのは上には上が存在しますし、ノウハウだって次から次へと新しいものが生まれていくものです。

相手があなたのノウハウや実績しか見ていない場合、それは他の人に取って代わられてしまう可能性が大きいんですね。

これに加えてノジーさんがおっしゃっていたのは、

商品が増やせないからお客さんの層も広げられない

情熱や理念で繋がっていない人にノウハウをあげてもちゃんと実践しない

ということでした。

では、何を主軸にすればいいのでしょうか?

それは…自分の理念や情熱です。

理念や考え方というのは自分だけが生み出せるオリジナルのものですよね。

そこに共感をしてもらうことで、他人に替えの効かない存在でいることができるのです。

発信の主軸の比較,写真

実績ももちろん大事な要素ですが、それを軸にするのは良くないということです。

ちなみに、ノジーさんがコンサルティングをしながら意識しているのは「その人のビジネスセンスを高めること」なんだとか。

ノウハウやテクニックを教えることよりも難易度が高いですが、こういった教え方・磨き方をしてくれる人が唯一無二の存在になれるのだと思います。

まずは、自分の理念や考え方を持ち、それを自分の言葉で語るチカラをつけていきましょう!

理念と価値提供

先ほど、ビジネスをしていく上で理念を持ち、自分の言葉で語ることが重要だというお話がありました。

ここでは「理念から始まるビジネス」をさらに掘り下げた解説がありました。

まずは、自分の理念と実際に顧客へ届ける商品の役割を見てみましょう。

  • 商品…顧客への顕在化した価値(具体)
  • 理念…顧客を連れていく世界(抽象)

商品というのは、顧客を自分の世界へ連れていくための材料の一つということです。

ノウハウはあくまでも手段であり、その先で何を見せるのかは商品の役割ではないのです。

ビジネスの広がり方の違い

ノウハウ主軸と理念主軸のビジネスでは、顧客の広がりに大きな違いが生じます。

手段の部分のみを発信していると、ノウハウを得ることがゴールになってしまいそれ以上の世界に繋がっていきません。

逆に、理念に共感していく顧客は濃いファンとなり、継続(リピート)拡散に繋がっていきます。

マーケティングファネルという図を使って解説をしていくと…

ノウハウ主軸は1stファネルで頭打ちとなり、理念主軸は2ndファネルの展開という理想的なビジネスの循環ができることが分かります。

マーケティングファネル,写真

理念を発信しながら価値を提供していくとファン化が進み、一度商品を購入した後にリピートや拡散が起こりビジネスが広がっていくのです。

商品の展開の違い

ノウハウ主軸と理念主軸のビジネスでは、商品の展開にも違いが生まれます。

ノウハウだけを主軸にすると、それ以外の商品の展開が難しいですが、理念スタートにすると商品の種類がどんどん増やせるということです。

例として「コーヒー店を始めるとしたら」ということで考えてみましょう。

理念,写真

はじめは同じような「高級なコーヒー店」の開店がスタートでも、理念があるとないとではその後の展開の幅が違ってきます。

理念がなくコーヒー店の開店を主軸とした場合は、提供できる価値がコーヒー店以外に広がっていきません。

しかし、「日常に一滴の高級感をプラスしよう」(私が適当に考えました)という理念からスタートした場合は、飲食だけでなく、インテリアやアパレルなど業種に捉われない様々な形での価値提供ができていますね。

ネットビジネスでも、ブログノウハウだけをスタートとした場合と理念スタートの場合ではその後の展開が変わってくるということ。

理念を持ってビジネスをすると、商品の内容や種類に縛られずに幅広い展開が可能になってきます。

順番はノウハウからで良い

理念スタートと言いましたが、始めの集客の時点から理念だけを押し出しても共感される可能性は低いです。

理念は持ちつつも最初は機能的な価値に魅力を感じてもらう必要があるということです。

価値提供,写真

コーヒー店も、まずはコンセプトよりも「美味しい」ということが前提ですよね。

ブログもまずは機能的な部分に価値があるのかが重要です。

価値提供の順番としては、

  1. ノウハウなど機能面に共感をしてもらう
  2. 価値提供を繰り返す
  3. 理念に共感してもらう

このような流れで徐々に自分の世界を見せていくことでファン化が起こり、リピーターとなっていきます。

ノウハウは、自分を表現する方法ではありません。

自分のノウハウを少しずつ抽象化し、理念となるものを見つけていきましょう!

コミュニティ

ノジーさんは、良いビジネスのゴールとして「理念を共有できる仲間が巣立っていくこと」という表現をされていました。

最初こそ理念は見えてきませんが、しっかり自分で価値提供と理念の表現をしていくことで奥底にある理念や情熱の部分で繋がれる人を集めることができます。

同じ理念や価値観で繋がっている人を集めたコミュニティを作ることができれば、より参加者の精神的なステージ感を高めることができます。

良い教育というのは、ただ難しいことを教えるだけではありません。

いかに良い環境をデザインするのか、空間を提供する力が必要なんです。

コミュニティを運営することになったら、空間や環境作りという部分に神経を使うことが大事だそうです^^

例として、松下村塾というコミュニティがあげられました。

松下村塾(しょうかそんじゅく)とは…江戸時代末期(幕末)に、長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)に存在した私塾である。 吉田松陰が同塾で指導した短い時期の塾生の中から、幕末より明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られる。

高い熱量を持った人たちで自由に論じ合うコミュニティから、多数の優秀な人材が輩出されてきた松下村塾。

思考力と行動力を兼ね備えた人材が続々と世の中に出て、自らの価値を高めながら拡散が起こったということです。

理想はコミュニティの参加者が主催者の「右向け右」状態ではなく、自分たちで思考・行動をして成長していける空間ということですね。

主催者が引き上げていくというよりかは、参加者が自分で進むべき道を開拓しているイメージでしょうか。

ノジーさんからは、コミュニティのパートのまとめとしてこんな言葉がかけられました。

自由で便利になりつつある世の中で価値の残るのは熱量とインテリジェンスとアート

私もまコミュニティに参加していますが、メンターに言われたことをただこなすのではなく思考と行動を止めずにインテリジェンスを高めていこうと感じました!

まずは自分自身が熱量の高い環境に身を置いて、自分が今度はそれを提供できる立場を目指していきましょう^^

ビジネスの仕組み=理念へと向かう旅

最後に、まとめとして3つのお話がありました。

◆ノウハウや実績が不要なわけではない

→カスタマージャーニーの最初の段階では「興味」を獲得するためにノウハウは必要。

◆ノウハウや実績ありきの情報発信は本当の意味でのファンが増えない

→顧客が興味を持つのは実績やノウハウだから、それだと提案するゴールが近すぎる。

◆稼ぐ奴がすごいのか、実績があるから幸せになれるのか

→ そんなことはあり得ない。

大事なのは精神性を高めることで、精神性が高まれば生き方も変わる。

ノジーさんのビジネスの考え方は「誰かの生き方をポジティブに変えること」

ノウハウやテクニックを届けるのではなく、生き方を変えること。

自分の理想へ向かいながら、誰かの理想への一歩に背中を押してあげられる、そんな存在でありたいですね。

journey,写真

セミナーを通しての感想

ネットビジネス的な発信のデメリットから、ここまで深い話が展開されるとは…という感じですね。

ここで紹介させていただいたのはごく一部分で、ハイレベルな話はまだまだ咀嚼できていない自分がいます。

それでも、理念の重要性だったり、熱量ある空間を作ることがどれだけ価値があることなのかは何度も自分の心にズシンと響いてきました。

私が#CASTに入ったのも、ノジーさんやHitomiさんの理念や作り出す空間に魅力を感じたからです。

ノジーさんは「これからは共感ではなく熱狂が大事」と常日頃から仰っています。

ネット上の言葉で誰かの熱狂させるには、まだまだライティングのチカラを磨かなければと感じました^^;

一つ一つ階段を登りながら、誰かを熱狂させて、生き方を変えられる、そんな存在になりたいと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE