銀行員のリアル

銀行員の女性の髪型や髪色のルール|ヘアトーンや前髪のまとめ方まで解説します。

銀行員は、仕事だけでなく身だしなみやマナーにもルールが厳しいイメージがあると思います。

銀行への就職を考えている人の中には「髪型や髪色ってどこまで自由なんだろう?」という疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、銀行で働く女性のヘアスタイルやヘアカラーなど髪についてのルールをまとめて紹介させていただきます。

ネイルアート,オフィスワーク,画像
【銀行員の身だしなみ】ネイルアートはOK?色やデザインのオススメは今回は、銀行員の身だしなみについてのお話・第二弾です。 第一弾では髪型や髪色についてのルールを紹介させていただきました。 第...

銀行員は身だしなみに厳しい?

これから銀行に就職される方や、銀行に興味を持っている方は入社後の身だしなみが気になるところだと思います。

やっぱり社会人になったらある程度のオシャレは楽しみたいですよね。

まずは、銀行員の身だしなみがどの程度厳しいのかについてお話しさせていただきます!

銀行には身だしなみのルールがある?

「銀行には身だしなみのルールがあるの?」という質問を受けたことがありますので、まずはその話題から。

結論から言いますと…その銀行によりけりです。

銀行の窓口に行ってみていただけると分かると思いますが、明るい髪色ばかりの場所もあれば黒髪ばかりの場所もあります。

私の勤めていた銀行は、身だしなみのルールブックが存在しました。

髪型、髪色、メイク、ネイル…かなり細かい部分まで指定がありました。

それを数ヶ月に一度マナー講師と本店の社員が抜き打ちでチェックにきて、ルールから外れている人は注意を受けます。

稀にルールを破っている方もいらっしゃいましたが、いちいち注意されるのも面倒なのでほとんどの方はしっかりとルールを守っていました。

こんな感じで、私の勤め先は結構身だしなみに厳しかった印象です。

Juri
Juri
他の銀行に勤めている友人に話を聞くと厳しさには差はありますが、どこもそれなりにルールは存在するようです。

身だしなみに厳しいのはなぜ?

銀行員が身だしなみに厳しいというのにはそれなりの理由があります。

やはり事務職とはいえ接客業ですから、身だしなみにはある程度のルールが設けられています。

その理由は、お客様からしたら接客している目の前の印象が会社の印象になるからです。

窓口のイメージ=銀行のイメージ

というように、窓口の女性は銀行の「顔」と言えます。

お客様に大切なお金を預けてもらうには、まずは信頼してもらう必要がありますね。

「人は見た目じゃない」と言いますが、人が目の前の相手から受け取る情報のうち半分以上を占めているのが見た目です。

お客様に信頼感を与えるように、清潔感や誠実な雰囲気が求められるのです。

Juri
Juri
その銀行を代表する人間としてふさわしい見た目になってもらうために、厳しいルールを設けているということですね。

髪型のルール

それでは、銀行員の髪型のルールをいくつか紹介させていただきます。

ここで紹介させていただくのは、あくまで私の勤めていた銀行でのルールです。

しかし、基本的な部分というのは他の銀行さんとも大きな変わりがないと思いますので参考にしていただければと思います。

基本的にはまとめ髪

窓口に出ている女性というのは、基本的にはまとめ髪です。

ショートカットやボブの方はそのままでOKですが、ロングヘアの方は髪をまとめて清潔感のある髪型にします。

単純に朝面倒だからというのもあり、巻き髪をしている人はあまりいなかった印象です。

髪を結ぶゴムは黒か茶色が推奨されています。

ちなみに、私の職場ではシュシュはNGでした。(厳密に言えば…程度のレベルだったので使ってる人もいましたが)

ヘアクリップはOKだったと記憶しています。

Juri
Juri
私はいちいち「ルール違反かな?」と考えるのが面倒だったので、いつも一つ結びでした。

前髪のまとめ方

前髪については、ポイントがあります。

それは、お辞儀しても垂れないことです。

こちらは、OK例とNG例を見ていただくとお分かりになるかと思います。

右側の女性は前髪のサイドの部分から髪が垂れていますね。

要するに、アイドルのような「触覚ヘア」はNGということです。

前髪が長い場合は、耳にかけたりピンで止めるなど左側の女性のように垂れてこない工夫が必要です。

髪色のルール

続いて、髪色のルールを紹介させていただきます。

最近は暗い髪色が人気ではありますが、社会人の半分以上の女性が髪を染めていると思います。

ここでは、私の勤めていた銀行でのヘアカラーのルールを紹介させていただきます。

ヘアトーンは何番まで?

ヘアカラーの明るさは、ヘアトーン表の番号で指定をされることが多いと思います。

ヘアトーン表とは、カラー剤の明るさと色味を表した表のこと。

縦の列は色の明るさを、横の列は色の違いを示しているもので、美容院でカラーを決める時によく見かけると思います。

色の明るさの見本はこんな感じです。

引用:ENORE

数字が大きくなればなるほど明るい色になっていますね。

私の職場では7〜8番を推奨され、9番を超えるとNGと言われていました。

他の銀行の話を聞いても、大体7番を推奨されている職場が多いです。

7番はほぼ黒なんでちょっと物足りない気がしますよね…

ただ、ヘアカラーというのは日が経てば色が抜けて明るくなってしまうことが多いものです。

私もよく8番で染めていましたが、2週間も経てば9番や10番、毛先は11番くらいの色になっていました。

ですので、指定の番号がある場合は2段階下くらいの色で染めることをオススメします。

遵守度も銀行ごとに大きく異なる

銀行員の髪型や髪色について目安をお伝えさせていただきましたが、最初にもお伝えした通り、これらの基準は銀行により大きく異なります。

それはルールのあるなしだけでなく、遵守度についてもです(笑)

ルールがあってガッツリ守らなければいけない場所もあれば、誰も守っていない場所もある。

これは銀行によっても異なりますし、所属先の店舗や部署によっても変わってきます。

私の場合は入社から2店舗を経験しましたが…

1店舗目:髪色は緩いけどネイルはちょっと微妙

2店舗目:髪色もネイルも厳しい

こんな感じで上司や先輩(特にお局様)が違うと厳しさも全然違いました。

中には髪色にもネイルにもメイクにも緩い店舗もあったので「いいな〜」と思っていたのを覚えています(笑)

基本的には銀行内のルールを守りながらオシャレを楽しむのが一番ですが、経験年数が経って慣れてきたら店舗のOKラインを見極めていろいろ挑戦してみてもいいかもしれませんね。

化粧,画像

まとめ

今回は銀行員の身だしなみの髪型・髪色の疑問について解説させていただきました。

どこの銀行も髪型や髪色には厳しくて、働いているときは「めんどくさい!」と毎日思っていました。

今では髪型も髪色も自由なシゴトにつけたのでそんな悩みも皆無です。

身だしなみのルールを守るのが苦痛という方は、私のように個人でビジネスを始めるという選択肢もありかもしれません^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE