GoogleAdSense

アドセンス広告の数の目安は?4つ以上設置するときの注意点やポイント

Google AdSenseの広告には様々な種類がありますが、
1記事あたりに設置できる広告の数について疑問を持つ方も多いと思います。

ここではGoogleアドセンスのポリシーなどをもとに、
広告設置数の目安や注意点を紹介させていただきます。

アドセンスの広告数の目安は

Googleアドセンスの広告を設置する際に
気になるのは、設置する広告の数ですよね。

ブログの運営には、
Google AdSensのポリシーの遵守は避けて通れません。

ポリシーに見合った広告数の目安はどのくらいなのか…

少々回りくどくて分かりづらい表現の部分ありますが、
読み込んで規約とお友達になるくらいの気持ちで挑みましょう!

広告数の上限の項目は廃止

以前、Googleアドセンスのポリシーでは
設置する広告の数に制限がありました。

これまでは「ページに配置可能な広告の上限」として、

  1. コンテンツ向け AdSense ユニットは 3つまで
  2. リンクユニットは3つまで
  3. 検索ボックスは2つまで

こんな記載がありました。

しかしながら、
この項目は2016年8月中旬から撤廃されました。

事実上、4枚以上の広告を設置できるようになったのです。

広告設置数の制限に代わる内容とは

Googleアドセンスのポリシーで
広告の設置数の上限に関する項目が撤廃されました。

では、新しく設置された内容を見てみましょう。

AdSenseポリシー,写真

現在は「価値の高い広告枠」という項目が掲載されています。

広告掲載が許可されないページの例は5項目ありますが、
重視したいのはその前の文です。

許可されないページの例を次に示しますが、これらに限定されません。

例に上げられたパターンに限らず、
Googleさんのお眼鏡に叶うサイトでないとアウトということですね。

その前の文では、
適切でないと判断された場合について触れられています。

ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

Googleさんに過度な表示と判断された場合には、
制限または無効という処置が取られるようです。

判断が難しいですが、
その前の文にGoogleさんの言いたいこと全てが詰まっています

また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。

分かりやすくいうと…
今まで以上にコンテンツの価値を重要視するからね!
読者にとって価値がない場合は広告止めるよ!
ということです。

設置上限がなくなるということ

Googleアドセンスの広告設置数の上限が撤廃され、
4枚以上の広告を設置できるようになりました。

新しいポリシーページでは、
広告の設置数だけでなくサイズについても記載がありません。

「サイズが自由になったから目立つ広告を貼りまくれる!」
と安心された方も多いかもしれません。

しかし、これは
全てサイトの運営者に判断が委ねられたという状態です。

そして、ルール撤廃の代わりに
「価値の高い広告枠」という項目が出てきました。

数やサイズに決まりがあればそれを守るだけでしたが、
今は自分で判断して適切な広告を設置する必要があります。

まとめると、
「広告の数もサイズも目安は全て運営者の判断」と言えます。

今まで以上にポリシーの変化にも気を配っていきたいですね。

4つ以上設置時の注意点やポイント

Googleアドセンスのポリシーから、
広告を4つ以上設置するときの注意点を考えていこうと思います。

コンテンツ重視のGoogleさんに嫌われない広告の配置数とは…?

コンテンツの量と広告の割合

いまGoogleアドセンスが重視しているのは、
価値あるコンテンツであるということです。

つまり、
価値ある独自コンテンツ」が豊富ならば広告をたくさん設置してもOKということ。

コンテンツが少ないページで広告をたくさん設置してしまうと、

サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ

という部分でポリシーに引っかかってしまうことになります。

このポリシーを見る限り、
もしコンテンツが極端に少ない場合は
3つでも多いと判断される可能性もあると言えます。

「コンテンツの量と広告の割合」
これを意識してサイトを管理していきましょう。

他社のアフィリエイト広告にも注意

Googleアドセンスの広告配置について、
「コンテンツの量と広告の割合」を重視していく必要があると分かりました。

このポリシーは、
Googleアドセンス以外の広告も該当します。

トレンドアフィリエイト実践者の方は、
アドセンス広告と併用して
他社のアフィリエイト広告を掲載している人も多いです。

サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ

先ほども紹介したポリシーですが、
この中の「広告」には他社の広告も含まれます。

アドセンス広告+他社の広告が
コンテンツの量と広告の割合に見合っているか。
これで判断していきましょう!

結局何文字書けばいいのか

Googleアドセンスの適切な設置数は
「コンテンツの量と広告の割合」だと繰り返しお伝えしましたが、

「じゃあ結局何文字書けば4つ以上設置していいの?」
と思いますよね…

これについては、明確な基準がありません。

Googleアドセンスのポリシーにそのような記載もありませんし、
私からも正確な数字は申し上げられません。

一般的な説を上げると、
「1000文字程度なら広告の数は3つ程度」
と言われています。

私の場合は、

  1. 1000文字程度:3つ
  2. 2000文字程度:4つ
  3. 3000文字程度:5つ

くらいの感覚です。

ただ…
”文字数が多い=価値がある”という判断ではありません。

「何でもいいから文字数増やせばOK」
という単純な話でもないでしょう。

やはり、正確な判断は難しいので、
自分のブログを客観視することが大事です。

  1. 他のブログに比べて広告が多いかどうか
  2. タイトルを解決できるコンテンツになっているか

という部分を分析してみましょう!

基本的には、やりすぎなければ
Googleさんから指摘もこないはずです。

自由度が増した分判断が難しいですが、
ユーザー目線に立って健全な運営をしていきましょう!

Googleアドセンスの広告の数の目安まとめ

Googleアドセンスの適切な広告数の
目安についてお話しさせていただきました。

広告数の上限が撤廃されたことで、
設置数は運営者の判断に委ねられるようになりました。

広告の話に限らず、
Googleアドセンスが重視しているのは
「価値あるコンテンツ」です。

ここを重視しながら、
コンテンツの量と広告の割合を適切に判断していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Juri
Juri
私は現在、PC1台でシゴトをしながら湘南ライフを送っています。

海が近くにある大好きな街で、好きな時に起きて、好きなだけ働いて、好きな人とだけ過ごす...こんな自由な生活をしています。

今でこそストレスフリーな生活を送っている私ですが、つい最近までは普通の銀行員で家と職場を往復するだけの平凡な毎日を過ごしていました。

やりたいことはもちろん、これといって得意なことも、夢中で打ち込めるものもありませんでした。

では、私はどうやってここまでたどり着いたのか...興味がある方はよかったら私のプロフィールをご覧ください。

こちらからどうぞ▶︎▶︎JuriのPROFILE